客先常駐と新卒

新卒で客先常駐SEはヤバい!?あなたを勝ち組にする転職アドバイス

このページでは新卒で客先常駐SEになった方向けにお話をしていこうと思います。
新卒で客先常駐の会社に入社した方の中には「何もわからず入社したけど客先常駐の会社だった」「ネットで調べるとネガティブな情報が多いけど大丈夫かな」「将来が不安だ」など入社後不安になっている人も多いのではないでしょうか?
この記事では新卒の客先常駐SE向けに正しい情報をお届けできればと考えております。

著者
著者
著者は元々客先常駐SEで、20年で延べ数百人のエンジニアと接してきました。
この記事では新卒で客先常駐SEになり悩んでいるエンジニアの方のために様々な情報をアドバイスをお送りさせていただきます。
悩める客先常駐SEを救う何かのきっかけになれば嬉しく思います。
助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

 

レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

Contents

新卒で客先常駐に会社に入るのは負け組?

新卒で客先常駐の会社に入社することは負け組なのでしょうか?
勝ち組負け組といっても様々な価値観があるため一概に決めることはできません。
しかし様々な面で新卒の客先常駐SEは大きなビハインドを背負っていることは間違いなさそうです。
それは新卒の自社開発のエンジニア・客先常駐エンジニアの年収・スキルアップ・キャリアアップなどで比較すると明らかです。

新卒の客先常駐SEと自社開発SEの年収比較

新卒の客先常駐SEと自社開発SEの年収・スキルアップ・市場価値などを比較してみました。
ご覧いただくと同じエンジニアという職種でも全く環境や事情が違うことがご理解いただけると思います。

新卒の自社開発SE
年収 普通以上(400万円~800万円以上の企業もある)
年収 自分次第でどんどんスキルアップできる
市場価値 自分次第で役職がつく・業務領域が広がるためあがりやすい

新卒の客先常駐SE
年収 低い(250万円~300万円)
スキルアップ 極めて難しい
市場価値 極めてあがりにくい

せっかくポテンシャルの高いエンジニアであっても環境次第ではスキルアップやキャリアアップが難しく平均値以下の市場価値のSEになってしまいます。
特別優秀なエンジニアであればまだしも、平均的なスペックのエンジニアであればなおさらその傾向は強まってしまうのです。
このように新卒で客先常駐SEになることは自身の市場価値を下げることに他になりません。

客先常駐があわない新卒エンジニアについて

そもそも客先常駐があわない新卒エンジニアがいる、ということを知っておく必要があります。
客先常駐SEというのは特殊な働き方です。
自社の社員とはあわず、ひたすら色々な現場に派遣されるという勤務体系なのであうあわないがあります。

具体的には
じっくり腰を落ち着かせ仕事に取り組みたい人
人間関係に気を使いすぎたくない人
しっかりと自分のパフォーマンスを評価してほしい人

こういったエンジニアは客先常駐という働き方には不向きです。
逆にとにかく働いてお金をもらえればいいという志向のエンジニアであれば客先常駐という働き方でも問題はないと思います。

つまり新卒エンジニアは自分の志向や性格にあわせ働き方や勤務先の企業を選ぶ必要があるのです。
繰り返しになりますが客先常駐という働き方は特殊なので、新卒エンジニアの皆さんはこのまま一生このスタイルで働けるかしっかりと考えることが重要です。

騙された!?客先常駐に会社に新卒で入社してしまうケース

客先常駐の会社に新卒で騙されて入社してしまうケースもあります。
騙されるとは具体的にどのようなケースなのでしょうか?
それは「自社開発を行っているように見せかけて実はただの派遣会社」というパターンです。

実はこういったケースで騙されて客先常駐の会社に入社してしまうケースは後を絶ちません。
こういった企業は魅力的に会社を見せる術にたけているためカモフラージュがうまく、なかなか若手エンジニアでは見破ることができません。

優秀なエンジニアの場合、客先常駐企業に入社してしまうことでただただ無駄な時間を過ごすことになります。
客先常駐の現場はテストや雑用がメインになることが多いため、自身のスキルアップの速度が著しく遅くなってしまうのです。
これに気がついた優秀なエンジニアは客先常駐の会社に新卒で入社し一年以内に退職します。
昔から客先常駐企業と新卒エンジニアの間で騙し騙されということが繰り返し行われているのは大変残念なことです。

新卒の客先常駐SEへ送る3つのアドバイス

このように新卒で客先常駐SEになってしまうというのは向上心をもつエンジニアにとって好ましい状況ではありません。
しかしながら若手エンジニアに対して業界の仕組みを教えてくれたりキャリアや転職の指南をしてくる人は少ないです。
客先常駐企業(SES企業)の上司や営業であればエンジニアに退職してほしくないのでそれは当然だと思います。

著者
著者
著者は元客先常駐SEで、延べ数百人のエンジニアと交流をもってきました。
経験者から見て重要だと思えるポイントをいくつかご紹介させていただきます。
今の会社を辞めようか迷っている人は参考にしてみてください。

新卒客先常駐SE向けアドバイス①自分を客観的にみること。一年後・三年後はどうなっているか考えよう

新卒で客先常駐SEになってしまったエンジニアにとって大切なポイントは自分を客観的にみて一年後・三年後の近未来をイメージすることです。
同世代のエンジニアと比較し「この経験年数でこうなっていないと平均以下」というようなラインを客観的に設定しましょう。
そして今の会社でイメージした自分像を実現できるのか?という観点で転職活動するかどうかや転職先企業の判断をしていきます。
目安として一年後・三年後の具体例をお伝えします。

・一年後 テスターや雑用でなく、しっかりと開発案件に従事しプログラミングを行っている
・三年後 設計~開発まで一通りの開発経験を積んでいる。年収は最低でも400万円~450万円はクリアしている。

いかがでしょうか?
新卒の客先常駐SEの場合、まず平均値をクリアすることさえ苦労することに気がつくと思います。

著者
著者
客先常駐SEに限らず、同世代と比較した時に自分がどれくらいの位置にいるのか?という視点を持つことは重要です。

エンジニアの場合環境によって積める経験やキャリアが大きくことなってきます。
環境選びによって差が広がってしまう一方なので、若手エンジニアは是非こういった観点をもちましょう。

新卒客先常駐SE向けアドバイス②客先常駐のメリットデメリットについて理解し目標を明確に

新卒で客先常駐SEになってしまったエンジニアにとって大切なポイントは客先常駐のメリットデメリットについて理解し目標設定をすることです。
新卒で客先常駐の会社に入社するエンジニアはそもそもIT業界や派遣業界の知識がないことがほとんどです。

著者
著者
客先常駐SEのメリットデメリットをしっかり知り、自分がどのような環境や組織で働いているかという点について理解を深めましょう。
業界知識が深まることで「自分はこんなことがやりたいのかもしれない」「こういった事が向いている気がする」というようにキャリアアップについての方向性や指針が見えてくるものです。

方向性さえ設定できればあとは逆算で考え、実現のためにはどういった企業で働くのがいいのかという答えは自然と出てくるはずです。
目的をもたずただダラダラと年を重ねていき、キャリアアップできないという状況だけは避けるように意識しましょう。

新卒客先常駐SE向けアドバイス③自分の市場価値を知ろう

新卒で客先常駐SEになってしまったエンジニアにとって大切なポイントは自分の市場価値を知ることです。
エンジニアには市場価値というものがあります。

開発スキル
設計スキル
年齢
業務知識
人柄・コミュニケーション能力
学歴

こういった様々な要素を加味して市場価値は算出されます。

著者
著者
あなたも同期のエンジニアも転職市場にでれば値札をはられ一人一人違う金額がつきます。
自分の市場価値は今どうなのか?ということは客先常駐SEでなくとも知っておく価値のある情報です。
市場価値を知ることで、もっと自分の価値を高めるにはどうしたらいいのだろう?というポディティブな意識が芽生え行動を起こせます。
助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。
レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

新卒エンジニアが会社のいいなりになると危険な理由

新卒で客先常駐SEになると基本的には会社の都合で現場を決定します。
人によってはこれが最大のリスクだと指摘する業界人も少なくありません。
具体例を出すと以下のようなケースです。

Javaの開発がしたいのにCOBOLの開発現場に飛ばさてしまった
入社して3年たっているにずっとテストの現場から離れられない
全くスキルの身につかない現場で雑用のような仕事を5年もさせられた

これは一例ですが似たような事例は山のようにあります。

著者
著者
それが本当にエンジニアのキャリアにとって役に立つのであれば我慢もできるのですが、客先常駐企業(SES企業)の場合完全に会社の都合です。
新卒や若手エンジニアの場合、現場を決めるコストがかかりますのでとにかく待機にならず早く常駐先を決めることが最優先です。

そこにはエンジニアのキャリアを育てるという考え方は皆無です。
このようにしてキャリアをボロボロにされるエンジニアが大量に生まれている、というのは事実です。

客先常駐型の新卒エンジニアはテスターばかり?

新卒の客先常駐エンジニアはテスターや雑用などの仕事が大変多いです。
もちろんテスト業務も開発工程のうちで重要な役割です。
IT業界未経験の若手であればテスト業務であっても大切な経験です。

ただし問題なのは、新卒の客先常駐SEは3年も5年もテスターばかりやらされるというリスクがある点です。
テスト業務は重要な仕事ではありますが、決して難しい仕事ではありません。
会社の命令でテスターを長期間行っている間に同年代のエンジニアとのスキルや経験の差が大きくなるケースは少なくありません。

新卒で客先常駐企業に入った若手エンジニアは自分自身でキャリアビジョンを描くのは困難です。
気がついた時には若い貴重な時間を無駄にしてしまうというのが若手客先常駐SEの最大のリスクなのです。

著者
著者
客先常駐の新卒エンジニアはテスターから早く脱出し開発経験をたくさん積むことが重要です。

若手エンジニアの可能性は無限大!どんどん年収アップを狙おう

新卒で客先常駐SEになった場合年収についての正しい考え方をしっていきましょう。
エンジニアの年収相場は青天井といっていいほど可能性は無限大です。

シリコンバレーや海外のエンジニアであれば年収数千万円獲得するプレーヤーは珍しくありません。
海外で働く必要はありませんが、エンジニアという同じ土俵で仕事をしているのでスキルさえ高くなれば充分にそれくらい稼げる可能性はあるのです。
また、日本国内の企業で働いたとしても年収1000万円を超えることは決してハードルが高いわけではありません。
むしろ当たり前のことを当たり前にできるだけで高給をもらえる土壌は日本にあると思います。

会社員以外ではフリーランスエンジニアという選択肢もあります。
新卒でエンジニアになって経験2~3年で年収1000万円に到達する人は著者の周りだけでも何人もいますので、高収入を目標とするのであればごく現実的な選択肢の一つです。

著者
著者
何が言いたいのかというと「若手エンジニアは下積み期間だから年収が低くて仕方がない」というような思考は捨て去るべきです。
それは市場を知らずに自分を正当化している行為であって、あなたにとって何のメリットももたらしません。

市場価値のパートでもお話させていただきましたが、自身がどうしたら市場価値が上がり年収があがるのか?という考え方をすることが大切です。

転職ボーナスステージは若いうちだけ。新卒・第二新卒のチャンスをいかそう

エンジニアの年収は青天井であるとご説明させていただきました。
新卒や若手エンジニアの方は是非失敗を恐れずチェレンジしてほしいものです。

著者
著者
何故ならそもそもチャレンジできるのがそもそも若いうちだけという現実があるからです。

エンジニアの市場価値が最も高まるのが20代から30代前半です。
40代中旬以降の転職は途端にハードモードに突入し、40代以降はほぼノーチャンスです。

転職市場のボーナスステージは20代の若いうちだけです。
ここでどれだけ高いステージに上がれるかでエンジニアの生涯年収は決定されます。
若い時にのんびりすごして30代以降に一発逆転、みたいなことはITエンジニアの転職市場において基本的にはありません。

新卒の客先常駐SE必見!転職先企業の選び方&攻略法

次に新卒の客先常駐SEの転職先企業について説明していきます。
先ほど考えていただいた自分自身が優先したいポイントを叶えることができるか?という観点で転職活動をしていただくことになります。

あなたが人口知能や機械学習のエンジニアになる点を最も優先したいのであれば、そういった企業を選ぶべきです。COBOLでの開発を行っているSlerにエントリーしては目的を達成できないのは明らかです。

著者
著者
これは極端な例なのですが、転職活動をしているエンジニアを見ていると明らかに目的に対してアンマッチな行動をしているケースが目立ちます。
まずは転職先の企業と自分のマッチング度を意識することが非常に大切です。

著者は元客先常駐SEで述べ数百人のエンジニアに携わってきました。
客先常駐SEが転職したい目的として最も多いのが以下3つで、転職理由のおよそ8割を占めています。

・年収を上げたい
・技術力を上げたい
・安定した企業で働きたい

転職によってこの3点をかなえたい人はどういった企業に転職すればいいのでしょうか?
代表的な三例の転職先と成功するためのアドバイスについてお話していきます。

年収を上げたいならとにかく色々な企業の情報を集めトライすること

新卒の客先常駐SEが転職し、年収を上げたいのであればとにかく色々な企業の情報を集めることです。

著者
著者
企業の規模とエンジニアの年収は必ずしも直結しません。
大手企業でもエンジニアの待遇が低い企業もありますし、知名度が低い企業でもエンジニア対して高い報酬を約束してくれる企業もあります。

年収アップ目的の転職の場合は、情報収集能力×転職活動にかける時間×運が結果に繋がります。
転職エージェント、転職サイト、SNS、ITニュースを参考にするなど様々な方法で企業の情報を集めて行動してみましょう。

・一定以上の技術力と学歴を保有しているのであればメガベンチャー(サイバー、楽天)などが手っ取り早いです。エンジニアの年収は高めで採用枠も多い。ただし採用ハードルは少々高いという傾向があります。
・創業間もないベンチャーに狙いを定めるのもありです。
人手が足りてないため相場より高めの年収で雇用してくれるケースがあります。
TwitterなどのSNSで募集していることも多く、すんなり話が決まることも多いです。

技術力をつけたいならWEB系やベンチャー企業で決まり

新卒の客先常駐SEが転職し、技術力をつけたいのであればWEB系やベンチャー企業に狙いを絞るといいでしょう。

著者
著者
その際に大切なのが転職先企業のエンジニアのスキルをしっかりと見極めることです。
中小企業やベンチャーの場合、エンジニアの技術力のバラツキが顕著なため入社後に後悔することもあります。

間違いがないのが自身でのその企業のサービスを使ってみること、開発責任者や現場メンバーと話をしてみることです。
これである程度企業の技術力を図ることができます。
(もちろんあなた自身のスキルがまだまだで勉強する立場であればこういった点は考える必要がありません)

・技術的に高い企業はエンジニアにもそれを求める傾向があるため、何かしらアピールできるものを準備しましょう。それによって面接に至る確率がぐっと上がります。
技術ブログ・ポートフォリオ・GitHubでソースコードを公開するのがいいでしょう。
・特定領域に特化している企業(人口知能や機械学習etc)であれば技術力や知見を求められるケースが多いためそういたものを準備することでアプールに繋がります。

安定した企業で働きたいなら大手企業を中心に攻めよう

新卒の客先常駐SEが転職し、安定した企業で働きたいのであれば大手企業を狙うということになります。
大手企業かどうかの判断ポイントは上場有無・資本金・社員数・創業年数など一般的な内容で問題ありません。

著者
著者
IT大手は企業ごとの社風がかなりはっきりと出てきます。
下手したら定年までいる企業なので安定性以外にもどのような環境なのか事前に調査しておきましょう。
大手企業の場合、転職系の口コミサイトで多くの投稿が寄せられますからそれらを参考にしてみるといいでしょう。

新卒客先常駐SEが知っておくべきIT業界の転職事情

新卒向けに客先常駐SEの転職の考えかたと準備、実際の転職先の傾向についてお話してきました。
続いてIT転職市場の基礎知識についてレクチャーしていこうと思います。
客先常駐SEや派遣型エンジニアはIT転職やIT業界の知識が非常に乏しいです。
優秀なエンジニアでも転職市場について「こんなことも知らないの?」と思うケースも多々ありました。

著者
著者
エンジニアのとしてのスキルとIT転職における知識は全く別物です。
キャリアアップを成功させるためにはIT転職市場を知り有利に立ち回ることが必要不可欠です。

客先常駐SEは転職市場でネガティブな印象はない

新卒の客先常駐SEは転職市場でどのように見られているのでしょうか?
結論からいうと転職市場や面接担当者に対してネガティブな印象を与えることはありません。
むしろ劣悪な環境で働くことも多い客先常駐SEに対して同情的な見方をする方も多いです。

客先常駐SEはデメリットだらけなので、転職理由もリアリティーがあります。
面接官の共感性を得やすいですし説得力もありますので、自信をもって面接に臨むといいでしょう。

エンジニアは売り手市場である

ITエンジニアの転職市場は売り手市場ですが客先常駐SEもニーズはあります。
企業がエンジニア一名を採用するコストは加熱気味で、一人あたり100万円程度が相場と言われています。
つまり企業は一定の採用基準を満たしていればどんどん採用したい、と思っているのです。

あとは転職者側が採用基準を理解し、クリアできるように努力するだけです。
「自分には大してスキルがない」「自分に自信がない」というタイプは自分に何が足りないか理解することでぐっと成功が近くになります。

若いうちの転職チャンスを逃すな

全てのITエンジニアには市場価値があります。
市場価値は20代をピークとし30代以降は落ちてきます。
30代以降は急激に転職のハードルが上がり、よほど高いスキルか知識を持つエンジニアでない限り右肩上がりに年収をあげていくということは困難になってきます。
逆に言えば20代の若いうちであればそこまでスキルや経験を保有していなくとも転職チャンスは無限にあります。

ITエンジニアとして成功の可否を分けるのは若いうちの過ごし方が100%です。
惰性で過ごしていたらあっという間に転職のゴールデンタイムは終わってしまうのです。

著者厳選!客先常駐脱出に外せない転職エージェント4社

ここで著者のお勧めする転職エージェントをご紹介させていただきます。
当然ながらいずれも客先常駐SEと相性のいい転職エージェントばかりを厳選させていただきました。

著者
著者
転職活動のポイントは以下の通りです。転職エージェント各社特徴があるので自分にあった企業に登録しよう。
転職活動のポイント

・転職は一生を左右する一大イベント。少しでも多く情報を集めよう
・転職エージェントで年収・環境・社風など企業のリアルな情報を知ることができる
・転職エージェントはキャリア相談だけでもOK!転職を検討したらまずは相談してみよう
・転職エージェントごとに保有求人が異なるため、2~3社同時に登録すると効率的に転職活動を進めることができる

年収アップがエグイ!SE転職の必須エージェント!レバテックキャリア


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

著者一押し!TechClipsエージェント

公式サイトはこちら→TechClipsエージェント
著者一押しの転職エージェントです。
自社開発・事業会社に特化しているため客先常駐SE脱出に最適です。

著者
著者
求人の質と営業のサービスも業界トップクラスです。
まずはこのエージェントに相談すれば間違いありません。

公式サイトはこちら

若手エンジニアの転職はまず相談したい!WORKPORT

公式サイトはこちら→あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

未経験や若手向けのIT転職に強みをもつ転職エージェントです。
キャリアチェンジや進路相談などバックアップ体制が強いのも安心です。

著者
著者
若手のエンジニアの実績が豊富なので、経験の浅いエンジニアは是非相談したいところです。

公式サイトはこちら

信頼と実績のマイナビエージェント×IT転職

公式サイトはこちら→IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

著者
著者
大手企業やキャリアアップを狙うエンジニアにぴったりです。

公式サイトはこちら

まとめ

新卒で客先常駐の会社に入社したエンジニアのために基礎知識とキャリアと年収についての考え方をまとめてみました。
ここでお話したことは私の実際の経験に基づいた内容であり「もし今の私が新卒の私にアドバイスするなら?」と一所懸命に考えました。
客先常駐の会社に新卒で入りキャリアアップや人生設計に失敗してしまったエンジニアを多数見てきたからこそお伝えできる内容もあると自負しております。
一つだけ若手エンジニアの皆さんに言えることはエンジニアの人生は思ったより短いので思いっきり謳歌してほしいという事です。
このページがあなたのエンジニアライフの成功の一つになれれば何よりの喜びです。

助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
【レバテックキャリア】 年収アップにはもってこいの転職エージェントです。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。