客先常駐とストレス

客先常駐SEの一人暮らしはどこに住むのがいい!?【通勤ストレスからの解放】


このページでは客先常駐SEのために客先常駐SEは一人暮らしをするとしたらどこに住むといいのか?というテーマでについてお話していこうと思います。
客先常駐の場合、現場を自分で決められず会社都合によって決定されることが大半です。
そのため、遠方の現場に勤務することになると通勤時間が大変もったいないです。
客先常駐以前にしっかりと働けるコンディションを整えるためにもなるべく近い勤務地で働くよう工夫が必要なので、一人暮らしの場所選びのコツについて伝授します。

3分でわかる!客先常駐SEがストレスだらけな理由とその対策とは?客先常駐SEとストレスについての原因と関係性を掘り下げて解説。派遣型エンジニアは特にストレスを受けやすいため対策が必要です。客先常駐SEがストレスなく健全に過ごすためのアドバイス。...

客先常駐は現場を決められない

客先常駐はエンジニアが現場を決めることはできません。
基本的にSES企業の決定した現場に派遣されることになります。
そのため、自社の派遣先企業の勤務地がどのあたりにあるのか?という事をしっておく必要があります。
そのうえで一人暮らしをすむ場所を決める、というのが失敗がなくていいでしょう。

面接時に確認するのもあり

新卒や若手エンジニアで入社と同時に引っ越しをしようとしている方の場合、派遣先がどのあたりにあるのか面接時に質問してみるものありです。
SES企業によって派遣先が特定企業に偏っていたり、想定されている現場の候補が絞れていることもあるためです。
中小企業のSES企業の場合は、ほとんどが入社後にランダムに案件に配置される(とりあえず面談に受かった現場に派遣する)というスタンスなので明確な回答を得ることができないかもしれません。

客先常駐SEが都内で一人暮らしするのであればどこに住む?

客先常駐SEが都内で一人暮らしをするのであれば?どこに住む?というのは永遠のテーマです。
現場を変えるたびに引っ越しをするのは不可能なので、長期的にみて利便性がよく賃料も適切な場所を選ぶ必要があります。

案件・業務内容によって異なる勤務地

客先常駐の特徴として案件・業務内容によって勤務地が異なる点があげられます。
そのため、客先常駐エンジニアとして働く前にある程度傾向を把握しておくことが
大事です。
もちろん一人暮らしする場合は給料・賃料との兼ね合いもありますが、客先常駐先の特徴を知りどこに住むか検討してみましょう。

3分でわかる!客先常駐SEがストレスだらけな理由とその対策とは?客先常駐SEとストレスについての原因と関係性を掘り下げて解説。派遣型エンジニアは特にストレスを受けやすいため対策が必要です。客先常駐SEがストレスなく健全に過ごすためのアドバイス。...

インフラエンジニアの客先常駐の勤務地は?どこに一人暮らしするといい?

インフラエンジニアの案件が多い勤務地についてご説明させていただきます。
インフラ案件の場合、金融系・通信系などが多くの割合を占めます。
また、Slerの社内で働くことも多いです。

金融系案件・・・東京駅周辺(茅場町・八丁堀・日本橋など)
通信系・・・港区周辺(新橋・六本木など
Sler・・・品川区・港区周辺(田町・品川など)
その他・・・23区外(多摩地方など)

客先常駐で一人暮らしをするインフラエンジニアは上記の場所がほとんどですので、
まずはこちらに通勤できることが条件です。

客先常駐のインフラエンジニアにおススメできる一人暮らしの場所

インフラエンジニアの勤務場所は東京駅~品川あたりが結構多いため東京東部はおススメです。
現場によっては30分でいけたり下手したらワンメーターでいけるような勤務地にあたる場合もあります。

お勧めは上野・御徒町あたりです。
このあたりは家賃も比較的安くアクセス抜群です。
治安は微妙なので女性にはどうかと思いますが。
また、JR総武線沿線もおすすめです。
小岩・新小岩あたりだと家賃も安く東京東部へのアクセスが楽です。

客先常駐のインフラエンジニアにあまりおススメしない一人暮らしの場所

東武東上線・西部池袋線などJR接続のない埼玉方面はあまりおススメしません。
ほとんどが勤務地まで一時間以上かかってしまうケースが多いためです。
ただしこの方面は家賃が安いという特徴があるのであとはどこまで通勤時間に我慢できるかという兼ね合いだと思います。

開発エンジニアの客先常駐の勤務地は?どこに一人暮らしするといい?

開発エンジニアの案件が多い勤務地についてご説明させていただきます。
WEBアプリ開発の場合、インフラ案件ほど勤務地の偏りはありませんが、特徴はあります。

渋谷・新宿方面が案件数としては圧倒的に多いです。
東京東部にも案件はありますが割合としては低いようです。

客先常駐の開発エンジニアにおススメできる一人暮らしの場所

これは渋谷・新宿もしくはその沿線一択です。
ベタですが中野付近であれば家賃も安くアクセスがいいのでおすすめです。
渋谷へのアクセスがある沿線を狙うのもいいでしょう。
あとは家賃との兼ね合いだけです。

まとめ

客先常駐の一人暮らし事情についてご説明してみました。
客先常駐のように現場をコロコロされて派遣される場合、どこに住むかが大変重要なポイントになります。
通勤時間は無駄な時間でしかありませんので、自分のパフォーマンスを高めようと思ったらどこに一人暮らしするのか?という点について考えてみることが大切です。