未分類

Workport(ワークポート)からの電話はしつこい?噂の真相を徹底解明します!

【お悩み解決】転職を考えている客先常駐のあなたへ!ベストなタイミングを教えます画像

ワークポートはIT業界やベンチャー企業に強いと言われている人気の転職サイトです。
しかし、2chや口コミサイトにはたくさんの悪評が書かれています。その中でも多く見られるのは、
「ワークポートからの電話がしつこい」という声が多数あります。
本当にワークポートからの電話はしつこいのでしょうか?
今回は噂の真相について解明していきたいと思います。

ワークポートの電話はしつこい?

ワークポートには、転職コンシェルジュというサービスがあります。
これはあなた専用の担当があなたに合う企業を探してくれるという仕組みです。
これを上手に活用することによって、より効率のよい転職活動が可能となっています。
しかし、ネット上の口コミを見ると、
この転職コンシェルジュからの電話を「面倒くさい」「しつこい」と思う人が多くいるようです。
この電話の頻度に関しては、転職コンシェルジュによっても違いますし、人によって感じ方も違うので、一概に多いとは言えない回数の場合もあります。

ワークポートの転職コンシェルジュの電話の内容

では、ワークポートの転職コンシェルジュはどのような用件で電話をかけてくるのでしょうか?
その詳細について調査したので、その結果をご紹介します。

これまでの経歴や転職先の希望や条件

転職コンシェルジュは、転職希望者のこれまでの実績や現在の希望を聞き、それに合わせた転職先を探し、転職成功までの企業とのやり取りなどをすべて代行してくれます。
そのため、ただ書類でその人の情報を見るだけではなく、転職希望者と電話で話すことによってより多くの情報を獲得し、
より合う企業を探したり企業にその人を売り込んだりしようとします。
つまり、電話はより満足の高い転職を成功するために必要なことなのです。

よりおすすめの案件が入ってきたから

転職希望者の方にピッタリのよい案件が入ってきた場合、できるだけその情報を早くお伝えするために電話がかかってくるというケースがあります。
よい条件の案件はすぐに枠が埋まってしまうこともあるので、できるだけ早くお申し込みをする必要があります。
そのようなタイミングでは、電話の回数が多くなってしまうこともあるでしょう。
電話の回数が急に多くなったということは、よりいい案件をぜひご紹介したいという転職コンシェルジュの想いだという場合も多くあります。

具体的な案件の詳細をお伝えするため

転職希望者に合いそうな案件が入ってきたら、電話でご連絡をする場合があります。
メールで送ることもできるとは思いますが、気づかないこともあると思いますし、詳細が伝わりづらいこともあると思います。
そのため、転職コンシェルジュは電話でより具体的な企業の情報を伝えて、転職希望者に興味を持ってもらいたいと思うため、電話をかけるのです。

ワークポートからの電話がしつこいと感じる理由

ワークポートからの電話は、ほとんど転職希望者に必要な連絡になっています。
それでも「転職コンシェルジュからの電話がしつこい」と思ってしまう人が多い理由は何でしょうか?その理由を考えていきたいと思います。

紹介してくれる案件が希望と違う

転職活動中で、より自分にピッタリな案件を紹介してくれると思って電話に出たのに、全く希望とは異なる案件ばかり紹介される場合には、「電話がしつこい」と感じることもあると思います。
しかし、自分の希望に完全にピッタリ合う案件が出てくることはほとんどありません。
そのため、転職コンシェルジュは年収・業種・福利厚生など、どれかが希望に合っている会社を紹介してくれる場合もあると思います。
実際に話を聞いてみると、自分が働きたいと思う会社かもしれないので、一度話を聞いてみるといいでしょう。

仕事中に電話がかかってくる

在職しながら転職活動をするという方も多いと思います。
その場合、転職活動をしていることを会社にはバレたくないという人もいるでしょう。
しかし、転職エージェントからの電話が日中に何度もかかってくると業務を中断されてしまったり、
会社の人に転職活動をしていることがバレてしまうこともあると思います。
そのため、日中の電話が多い場合にはしつこいと感じる人もいるようです。

転職コンシェルジュとの相性が悪い

転職コンシェルジュも人間なので、その人との相性もあると思います。
そのため、あまり相性がよくない方から毎回電話がくると、しつこいと感じる人もいるでしょう。

ワークポートが何度も電話をしてくる理由

ワークポートがあなたに何度も電話をしてくるのには、理由があります。その理由をしっかりと理解していれば、電話がしつこいと感じることは減るでしょう。

転職希望者が企業の求める人材だったから

電話の回数が多いということは、それだけあなたが転職市場において需要があるということを示しています。
転職コンシェルジュは、登録されている企業の求める人材をご紹介する必要があります。
そのため、どれだけたくさんの企業があっても、あなたが企業に求められる人材でなければ、それほどご紹介してくることもないでしょう。
電話が多いと感じる時は、企業様からもワークポートの転職コンシェルジュからも高く評価をされているということです。

登録してある企業の数が多いから

ワークポートは、登録してある企業の数に自信を持っている転職エージェントです。
また、ワークポートはより多くの選択肢の中から転職希望者にピッタリの案件を探してほしいと考えているエージェントなので、より多くの企業をご紹介してくれます。
これは転職希望者の方に自分では考えていなかった自分の可能性もあることに気づいてもらい、
より広い視野を持って転職活動を行ってほしいという想いからの行動ですが、これがしつこいと感じてしまう方もいるようです。

スピード転職が売りだから

ワークポートのサポート対応の早さは業界でもトップクラスです。
そのため、すぐに転職先を決めることができたという方も多くいます。
ただ、あまり急いで転職しようと考えていない方にとっては、急かされているように感じることもあるかもしれません。
このスピード感は他の業者ではなかなか味わえないので、今すぐにでも転職したいと考えている人にとってはありがたいサービスだと言えます。

ワークポートの電話を無視するのは悪循環?

ワークポートからの電話がしつこいと思った方の中には、電話を無視している人もいると思います。
しかし、電話を無視してしまうのは悪循環となってしまうので、きちんと対応することをおすすめします。

何度も電話がかかってきてしまう

転職コンシェルジュは、よりよい内容を転職希望者の方に伝えようと思って電話をしています。
そのため、電話が繋がらなかったら、また時間を変えて電話をかけてくることでしょう。
そうすると、余計にしつこいと感じてしまうことになってしまいます。
ワークポートから電話がかかってきて、あまりゆっくり話せない状況だった場合は一度電話に出て時間がとれるタイミングを伝えたり、
メールで内容を送ってもらうように頼むといいでしょう。

より条件のよい案件がご紹介されなくなる

ワークポートの転職コンシェルジュからの電話を無視していると、転職の意思があまりないとみなされてしまい、
よい条件の案件が回ってこないということにもなりかねません。
転職コンシェルジュは、できるだけ多くの方の転職をサポートしたいと思っていますので、転職の意思がある方に優先的によい情報を回します。
そのため、無視をしているとよい条件の話を受け取れなくなってしまうので、電話に出れない場合も何かしらの対応を行うようにしましょう。

ワークポートの電話がしつこいと思った方向けの対処法

転職をする意思はあるけれども、あまり電話をかけてきてほしくないと思う方もいると思います。
そのような方向けに、ワークポートの電話の回数が多いと感じた時の対処法についてご紹介していきます。

連絡方法や時間帯を指定する

転職希望者の方の中には、あまり電話に出れない時間帯がある方や電話で話すのが苦手だという方もいると思います。
そのような場合は、事前に転職コンシェルジュに事情を伝えて、連絡方法や時間帯を指定するようにしましょう。
例えば、「現在在職中で会社の人にバレずに転職活動を行いたいので、平日の電話は19時以降にしてほしい」と具体的に伝えれば、
転職コンシェルジュも時間を配慮して電話をしてくれますし、「あまり急いで転職活動をしたいわけではないので、できればまずはメールで連絡をしてほしい」といえば転職希望者の方のペースを配慮してくれるでしょう。
転職コンシェルジュもよりよい案件をお伝えしたいと思ってご連絡をしているわけなので、しつこいと感じる場合はしっかりと意見を伝えてみましょう。

自分の転職希望条件を絞る

転職活動をする際には、より多くの企業が該当するように希望条件を広げてしまいがちです。
しかし、そのようにするとワークポートにはたくさんの企業が登録されているので、より多くの企業をご紹介されるので、連絡の回数も多くなってしまいます。
そのため、少しでも連絡回数を減らしたいと思うのであれば、転職の条件をより具体的に絞ってみましょう。
しかし、あまりにも条件を絞りすぎると、該当する企業が減ってしまうので、思うように転職ができなくなってしまう可能性もあります。
そのバランスを自分で考えながら、よりよい条件設定を行ってみましょう。

担当コンシェルジュを変えてもらう

転職コンシェルジュも人なので、あまり相性が合わないという場合もあると思います。
そんな転職コンシェルジュからの電話が嫌だと思う場合は、ワークポートにお願いして転職コンシェルジュを変えてもらいましょう。
もしかしたら、あなたと合わない転職コンシェルジュだったからしつこいと感じてしまっただけかもしれません。
より効率よく転職活動を進めるためにも、担当を変更することが必要な場合はぜひ相談してみましょう。

eコンシェルを活用する

ワークポートには、オリジナルの「eコンシェル」というアプリがあります。
このアプリは、現在紹介されている求人や応募した企業の詳細、選考中の企業のスケジュール管理、
あなたにあった最新の非公開求人のご紹介、転職コンシェルジュとのチャットなど、転職に必要な要素がすべて詰め込まれているアプリです。
このeコンシェルはワークポートに登録している方はどなたでも無料で利用することができます。
eコンシェルを使えば、自分でも効率よく転職先を探すことができますし、
在職中で忙しい方でもスマホで簡単にスケジュールをチェックしたり、転職コンシェルジュとチャットで連絡を取ることができます。
そのため、電話での連絡がしつこいと思った方は、eコンシェルで連絡を取ることを転職コンシェルジュに相談してみるというのも1つの方法です。

ワークポートは高い実績が評価されている転職エージェント

ネット上にはたくさんの悪評も見られるワークポートですが、しっかりと実績を残しており、世間的にもその結果が評価され続けてきている転職エージェントです。

転職決定人数NO.1の転職エージェント

ワークポートは、リクナビNEXTが毎年行っている「GOOD AGENT RANKING 転職決定人数部門 」で堂々の第1位を獲得しています。
それも1回きりではなく、過去に6回も受賞しているのです。
このことから、たくさんある転職エージェントのサービスの中でも、より転職希望者にピッタリの案件をご紹介してくれており、
転職をより確実に決めてくれる転職エージェントだということが分かるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ネットでワークポートの口コミを見るとさまざまな意見が飛び交っていますが、
実際に転職が決まっている人数はかなり多いですし、転職までのスピード感も最短2週間とかなり早いです。
そのため、急ぎで転職をしたいという方にはかなり向いている転職エージェントと言えます。
そのスピード感を実現するために電話の回数が多くなることもあると思いますが、事前にしっかりと伝えれば対策ができるので、
転職コンシェルジュとコミュニケーションをとっておきましょう。自分に合った最適な転職先をワークポートで探してみてくださいね。