客先常駐とクビ

元客先常駐SEが語るクビ事情!派遣で解雇される人の特徴とリアル

このページでは客先常駐SEとクビ事情についてお話していこうと思います。
客先常駐SEが酷い解雇やリストラにあったという経験談はネット上で溢れかえっています。もしこれが本当の情報だとしたらエンジニアは不安で仕方がないですよね?
この記事ではこのテーマについて正しい情報をお伝えできればと考えております。

著者
著者
著者は元客先常駐SEで業界歴20年の経験を持ちます。
実際にクビになる現場や酷い扱いを受けている現場もたくさん見てきました。
どこよりも詳しく業界のリアルについて説明できると思いますので、少しでも不安に思ったり悩んでいるエンジニアのお力になれば幸いです。
【SES】客先常駐の社内待機と自宅待機は地獄の始まり【給与カットされクビ】 このページでは客先常駐SEにとって大変重要な社内待機と自宅待機について詳しく説明させていただきます。 客先常駐企業(SES企業...
助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

 

レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

客先常駐SEがクビになるというのは本当なの?

ネット上では客先常駐SEは常にリストラ候補ですぐにクビになると言われていますがこれは本当なのでしょうか?
結論からいうと残念ながら客先常駐SEがクビになるというのは本当です。

著者
著者
IT派遣業界のこの体質はここ何十年間全く変わっていませんし、おそらく今後も変わることはありません。

人売りIT企業に使い捨てにされるエンジニアと業界事情

客先常駐SEがクビになる背景を理解するためにはIT業界の構造に対する知識が必要です。
「人売りIT企業」という言葉がありますが派遣型のエンジニアは企業や組織に都合いいように雇用されポイ捨てされてきた歴史があり、今後もこの構造は変わりません。
それは何故なのでしょうか?

著者
著者
エンジニアの皆さんであればご存じの通り、プロジェクトを遂行するためには多くの人月が必要です。
数百から数千人月の工数がかかるプロジェクトはざらにありますし、そういった案件がSlerを中心に日本中で遂行されています。

そのためIT業界では人手不足に陥り安い労働力が大量に安価で売買されているのです。
彼らの多くは技術力の低い技術者がほとんどで、単純作業を納期内に終わらすことを最重要ミッションとされるためソルジャー型エンジニアになりやすくスキルが身につかないという特徴を持ちます。
エンジニアのスキルに違いがないのであれば若くて安いほうが発注企業にメリットがありますので入れ替えが行われます。

著者
著者
こうして年をとったエンジニアは行き場をなくすのです。

このようなエンジニアはリストラ候補!クビになりやすい人の特徴

客先常駐SEとクビについて業界の説明をさせていただきました。
次に目線を落として、実際にどういった人材がリストラ候補なのか?という点についてお話します。
企業側としてもせっかく採用したエンジニアを好きで解雇したい訳ではありません。
先ほどご説明したようにエンジニアの年齢経過と共に市場価値がどんどん下がってきてしまうため企業側としては雇用するメリットよりデメリットが上回ってしまうので解雇せざるを得ないというのが真実です。
雇用側から見たリスクを具体的に申し上げると以下二点です。

金銭的なリスクがある(待機・途中退場・トラブル)
営業コストがかかる(案件がない・本人が案件を選ぶ)

著者
著者
ではエンジニア側としてはどういった点に気をつければいいのでしょうか?
クビになるやすい人の特徴をあげてみました。

クビになりやすいエンジニアの特徴①コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低いエンジニアは真っ先にクビ候補になります。
客先常駐SEの場合短期間で一定の強化を獲得したり人間関係を構築しなくてはいけません。それはコミュニケーションの低いエンジニアにとって非常に難易度が高く、ストレスを感じる作業です。
また、コミュニケーション能力の低いエンジニアは雇用側からするとクビにする材料も十分揃っています。

・現場でコミュニケーション不足や認識違い原因でのトラブルを起こしやすい
・コミュニケーション力が低いと短期で契約を打ち切られる可能性が高い
・現場での面談に受かりにくいため営業コストがかかる・待機リスクが高い
・評価を獲得しにくいタイプが多いためクライアントからの単価が上がりにくい

著者
著者
このような理由でコミュニケーション能力の低いエンジニアを雇用することで金銭的なリスク・営業コストを負うためです。

クビになりやすいエンジニアの特徴②スキルが低い

スキルが低いエンジニアもクビ候補です。
派遣会社にとってエンジニアのスキル不足によるクレームは大きなリスクです。

著者
著者
その理由はスキルの低いエンジニアを派遣することで、自社の信頼性が下がりますし今後の付き合いに悪影響を与えるからです。

派遣ビジネスの場合「ここの社員は優秀だな」と思えばクライアントはその企業からどんどん受け入れを行いますし、人月単価を上げて発注してくれるようになります。
そのため派遣会社はできるだけ優秀なエンジニアをクライアントに送りこみたいと考えています。

逆に「ここの社員はスキルの低い人ばかりだ」などという悪印象をもたれたら受け入れ自体を拒否されてしまったりデメリットしかないのです。
その結果スキルの低いエンジニアはどこのクライアントにも提案できない状態になりがちです。
自然と単価も安くなり待機リスクも上がるという負のスパイラルが生まれてしまうのです。

あなたのスキルは大丈夫?エンジニアが知っておきたいチェック項目

客先常駐SEの場合そこまで高いスキルを求められることはありません。
ただし平均値以下のスキルであると自覚しているエンジニアは急激にクビになるリスクが高まりますので気をつける必要があります。

・同年代のエンジニアより知識やスキルが劣っていると思う
・開発をしていて理解ができない工程や作業が度々ある
・スキル不足という指摘をうけ途中退場になったことがある

思い当たる項目がある方は注意する必要があります。

著者
著者
最も危険なのはスキル不足による現場退場を経験したことがあるエンジニアです。
あなたはクビ候補か少なくともイエローカードを一枚出されている危険水域にいることは間違いありません。

クビになりやすいエンジニアの特徴③社内政治力がない・営業とリレーションを構築できない

社内政治力がないエンジニアもクビ候補です。

著者
著者
客先常駐SEの場合、「クビにならずに長期間働くことができるか」「会社内で待遇面の優遇があるか」というのは自社との関係性が大きく影響します。

身も蓋もない話ですが、経営層や営業幹部に気に言われればクビになるリスクは下がります。(とはいっても待機になったり何らかの問題がある場合は例外ですが)
逆にエンジニア自身に問題がなくとも経営層とそりが合わなかったり反抗的な態度をとると真っ先にリストラ候補の対象になってしまいます。

ただでさえ客先常駐SEの場合様々な面で大きなリスクを負っています。
自分の立場を保全し少しでもクビ回避をしたいのであれば自社とのリレーションを構築する(言い換えればゴマすりですが)ことも大切な仕事なのです。

こうして客先常駐SEはクビになる!経験者が語る具体的

業界の仕組み・クビになりやすい人の特徴についてはご理解いただけたと思います。
次に客先常駐SEがクビになる具体例・その兆候についてご説明させていただきます。

著者
著者
派遣型の企業では以下の理由とフローでリストラが行われていきますので参考にしてみてください。

スキル不足やトラブルを理由に給料が下がる・会社から詰められる

客先常駐SEがクビになる場合、圧倒的に多いのがスキル不足やトラブル原因です。
具体例は以下を参考にしてください。

・スキル不足でクライアントからのクレームがある
・勤怠が悪くクライアントからのクレームがある
・人間関係のトラブルが多い
・現場の評価が悪く度々指摘をもらう
・営業からの評価が低い
・案件についてワガママが多い

一発で強制解雇になるケースはまれですが、評価が下がる→徐々に給料が下がる→退職勧告
というのが一般的なクビまでの流れです。

会社から干される・待機が頻発するようになる

客先常駐SEがいよいよクビになる前段階として、会社から干されがちになるというステージがあります。
エンジニアに対して

・明らかに紹介案件が少なくなる・無視する
・あえて面談を組まないで待機にさせる

こういった対応をするようになります。
当然ながらエンジニアは会社にいずらくなりますし、手当がカットされますので給料も下がります。

金銭面・精神面両面で追い込んで自主退職を促すというのが客先常駐企業(SES企業)において最もポピュラーな方法なのです。
ちなみに年齢が上がったエンジニアに対しても同様の手法が使われます。

助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。
レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

客先常駐SEとは不安定で弱い立場であると自覚しよう

客先常駐SEの特徴やクビになる具体例についてご説明しました。
かなりリアルな部分をお伝えしたので、イメージしていただけたのではないでしょうか?
最も重要なポイントは客先常駐SEは不安定で弱い立場であるため決して雇用主=エンジニアという対等の立場ではないということです。

著者
著者
エンジニアは出稼ぎ労働者です。
企業としてはあなたの代わりになる若くて安い労働者というのはたくさんおります。
そのためいかなる理由でもトラブルを起こしたり会社に不利益を与えるような人材は論外です。
エンジニアは会社が守ってくるというような幻想は捨てましょう。

客先常駐というガチャで働くエンジニア

客先常駐SEとクビについて考えるうえで「客先常駐はガチャ」という言葉を忘れてはいけません。
客先常駐SEは現場を選べません。
中には炎上していたりプロジェクトが破綻している現場、あるいはパワハラが横行しているような現場も少なくありません。
むしろ問題のあるプロジェクトだからこそ人手が足りなくなるため客先常駐SEは高確率でそういった危険度の高い現場に派遣されてしまいます。

著者
著者
そのうえトラブルが発生すると基本的にはエンジニアの責任にされ、決して派遣した企業や営業の責任になることはありません。
問題のある現場でトラブルがあった場合減給になったりクビになったりといったリスクを負うのはいつもエンジニアなのです。
このようにいつ地雷を引くかわからないガチャのような環境で働き、実際にクビになっている人が山ほどいるというのが客先常駐という労働形態なのです。

客先常駐SEがクビを宣告されたら覆せるのか?

客先常駐SEがクビを宣告されたら覆せるのでしょうか?
結論からいうと難しいと言わざるを得ません。

法律的にも給料をカットすることは認められていますし、賞与を支給しないこともできます。
そもそも客先常駐SEは年収が低いのでそこから大幅ダウンとなったらほとんどのエンジニアは生活できません。
それこそ派遣やアルバイトのほうがまだ稼げる生活水準になってしまいます。
そうまでして会社に残りたいという方はいないと思います。

また、客先常駐SEがクビを宣告された時点で会社との対立関係も生まれてしまっています。
いかにゴネてもクビは免れないうえに、ドロドロのバトルになり精神面もすり減ってしまいます。
そのような状況で働くことができるエンジニアはいないでしょう。
このように様々な面から考えても一度客先常駐SEがクビを宣告されたら覆すことは現実的ではありません。

客先常駐SEはクビになる前に転職活動をすべし

客先常駐SEがクビを宣告されたら覆すことが難しい点はご理解いただけたと思います。
そうなれば先手必勝でクビになる前に転職先を決めてしまうのが賢い選択肢と言えるでしょう。

客先常駐SEの場合いきなりクビになるケースは少ないです。
本文でもお伝えしたように待機・トラブルなどを起こし会社からイエローカードがでてからクビ宣告というのが一般的です。
もちろん最もいいのはスキルアップしたり問題点を改善したりすることなのですが、そう簡単に解決できるはずもありません。
また、待機は客先常駐企業の営業力も影響する問題ですのでエンジニア自身ではいかんともしがたい場合もあります。

正直な話、エンジニアの転職価値は非常に高いので転職自体は簡単です。
特に客先常駐や派遣型企業でよければ転職先はすぐに見つかるでしょう。
待機・トラブルなどで自社との関係が悪化してしまったら出世も難しいのでとっとと見切りをつけたほうが断然賢いと思います。
いきなりクビを宣告してあたふたするのであれば余裕をもって転職活動をし、よりいい条件の企業の内定をもらって退職することをお勧めします。

著者厳選!客先常駐脱出に外せない転職エージェント4社

ここで著者のお勧めする転職エージェントをご紹介させていただきます。
当然ながらいずれも客先常駐SEと相性のいい転職エージェントばかりを厳選させていただきました。

著者
著者
転職活動のポイントは以下の通りです。転職エージェント各社特徴があるので自分にあった企業に登録しよう。
転職活動のポイント

・転職は一生を左右する一大イベント。少しでも多く情報を集めよう
・転職エージェントで年収・環境・社風など企業のリアルな情報を知ることができる
・転職エージェントはキャリア相談だけでもOK!転職を検討したらまずは相談してみよう
・転職エージェントごとに保有求人が異なるため、2~3社同時に登録すると効率的に転職活動を進めることができる

年収アップがエグイ!SE転職の必須エージェント!レバテックキャリア


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

著者一押し!TechClipsエージェント

公式サイトはこちら→TechClipsエージェント
著者一押しの転職エージェントです。
自社開発・事業会社に特化しているため客先常駐SE脱出に最適です。

著者
著者
求人の質と営業のサービスも業界トップクラスです。
まずはこのエージェントに相談すれば間違いありません。

公式サイトはこちら

若手エンジニアの転職はまず相談したい!WORKPORT

公式サイトはこちら→あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

未経験や若手向けのIT転職に強みをもつ転職エージェントです。
キャリアチェンジや進路相談などバックアップ体制が強いのも安心です。

著者
著者
若手のエンジニアの実績が豊富なので、経験の浅いエンジニアは是非相談したいところです。

公式サイトはこちら

信頼と実績のマイナビエージェント×IT転職

公式サイトはこちら→IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

著者
著者
大手企業やキャリアアップを狙うエンジニアにぴったりです。

公式サイトはこちら

まとめ

客先常駐SEとクビの関係について詳しく説明してみました。
客先常駐SEはIT派遣業界の正しい知識を持ち、自身がどのような立場で働いているかを認識することが大切です。
客先常駐SEがクビにならないようにするために重要なポイントについても解説しましたので、参考にしてみてください。
本文でもお伝えしたように客先常駐SEはクビになるだけでなく、立場が弱く非常にリスキーな働き方である前提で立ち振る舞う必要があります。
このページがあなたのエンジニアとしてのキャリア設計や将来について考える何かのきっかけになれば幸いです。

助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
【レバテックキャリア】 年収アップにはもってこいの転職エージェントです。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。