客先常駐と将来性

客先常駐SEの将来性と年代別転職市場が3分でわかる徹底解説

このページでは客先常駐SEの将来性についてお話していこうと思います。
客先常駐SEの将来性が低いというのはネット上で散々語られていますし、自身の未来について心配になるのは当然です。
しかしながら具体的に「何がどう問題で客先常駐SEは将来性が低いと言われているのか」という点を理解できている人は少ないと思います。
この記事では客先常駐SEの将来性についてより具体的にご説明させていただきます。

著者
著者
著者は元客先常駐SEで客先常駐企業(SES企業)でリクルーターとし数百人のエンジニアと関わってきました。
クビになったり減給や年をとり派遣やアルバイトで何とか生活をする待遇になってしまったエンジニアもたくさん知っています。
著者の体験を元に客先常駐の将来性が問題視される具体的な理由を説明していきますので参考にしてみてください。
助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

 

レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

客先常駐SEの将来を考える。エンジニアは企業に何を求めているか?

客先常駐SEの将来性を考えるうえで大事なのはエンジニアは企業に対して何を求めているか?という点です。
つまり派遣会社でもアルバイトでも、雇用側がエンジニアの求める環境を提供できればそれはそれで将来性は問題ないということが言えるという考え方です。
しかし残念ですが、客先常駐SEはそういう訳にはいきません。

著者
著者
以前著者は中堅規模(200名程度)の客先常駐型企業(SES企業)に勤務していました。
その際に社内待遇改善や福利厚生案作成目的のためにエンジニアに対してアンケートをとったことがありました。
項目は残業時間や給料など約20項目で5段階評価式から成るものです。

少しでもエンジニアの求める環境を提供できれば満足度も上がり将来性を担保できると考えたのです。

アンケートから見えてきた客先常駐SEの不安と転職理由

アンケートの結果、エンジニアが企業に求めるのは以下が圧倒的に多いことがわかりました。
悲しいことにどんなに企業が頑張っても改善するのが難しいと思われる内容ばかりでした。
つまり客先常駐SEの将来性を担保できないのは客先常駐というビジネスモデルが原因なのだと理解したのです。

・年収の高い企業で働きたい→客先常駐SEの年収問題
・ストレスなく働きたい→客先常駐SEのストレス問題
・定年まで安定した企業で働きたい→客先常駐SEのクビ問題

著者
著者
では何故どのように無理なのか?という点について解説させていただきます。

客先常駐SEの年収問題

まず客先常駐SEの将来性を考えるうえで最大のリスクが年収問題です。
客先常駐という働き方では高年収をえることはまず不可能です。
理由は簡単で客先常駐SEのような派遣型SEは商流・自社にピンハネされているからです。

著者
著者
IT業界の下請け構造などと言われますが、儲かるのはユーザー企業→Sler→元請け企業→仲介会社→所属企業の順です。
当然下流にいくほどピンハネされていきますので、最下流の所属会社の正社員が高給取りという事は構造上ありません。

客先常駐SEの年収や給料・ピンハネの仕組みなど詳しくはこちらで説明しましたので参考にしてください。

客先常駐の給料と年収の全て!派遣エンジニアが3倍賢くなる業界知識客先常駐SEの給料と年収について解説してます。派遣エンジニアは給料が安いと言われていますが平均はどれくらいなの?人には聞けない疑問や業界の裏話が満載。元客先常駐SEがどこよりも詳しく徹底解説します。...

客先常駐SEのストレス問題

次に客先常駐SEの将来性を考えるうえで外せないのがストレス問題です。
ご存じの通り客先常駐SEは様々な派遣先を転々とするため様々なストレスを受けることになります。
ストレス要因はちょっと思い当たるだけでもたくさんあります。

・パワハラ、モラハラが常習化している現場が多い
・派遣エンジニアに対して冷たい
・人間関係が悪い
・エンジニアが放置される事が多い
・単純作業や雑用を押し付けられ仕事がつまらない
・炎上していて残業過多・土日出勤を強制される

派遣型エンジニアというのはIT業界の嫌な部分をこれでもかというくらい味わう職種ですから、精神的に耐えられる人のほうが少ないのです。
客先常駐とストレスの関係はこちらのページでも詳しく説明しましたので参考にしてみてください。

3分でわかる!客先常駐SEがストレスだらけな理由とその対策とは?客先常駐SEとストレスについての原因と関係性を掘り下げて解説。派遣型エンジニアは特にストレスを受けやすいため対策が必要です。客先常駐SEがストレスなく健全に過ごすためのアドバイス。...

客先常駐SEのクビ問題

客先常駐SEの将来性を考えるうえでクビ問題も大きなリスクです。
客先常駐SEは通常のSEの何十倍ものクビになるリスクを抱えながら仕事をしています。
これは客先常駐SEのビジネスモデルが大いに関係しています。

客先常駐企業(SES企業)は大量にエンジニアを採用します。
何故かというと人材派遣ビジネスは薄利多売だからです。
一人一人の利益はたかがしれていますが数を集めて売買することで経営が成り立ちます。

一方で待機になってしまったり市場価値の低いエンジニアは派遣会社にとって大きな脅威です。
何しろ他のエンジニアがコツコツと積み上げた利益を一瞬でふっとばす存在だからです。

著者
著者
こういった赤字エンジニアを抱えると企業の存続を揺るがしかねませんのでかなりシビアに対処せざるを得ません。
著者がSES企業でリクルーターと営業をしていた時は減給・退職勧告という辛い仕事も担っていました。

クビになる人の特徴や具体例やこちらで詳しく説明しました。

元客先常駐SEが語るクビ事情!派遣で解雇される人の特徴とリアル客先常駐SEがクビになるのは何故?ITエンジニア向けに業界の知識とクビになりやすい人の特徴と具体例を紹介。派遣エンジニアの解雇についてどこよりも詳しく解説しました。...

客先常駐SEの将来とキャリア・経歴書の関係

客先常駐SEと将来性を考えるうえで隠れたリスクと言えるのが経歴書が汚れるという点です。
転職市場においてエンジニアのスキルは経歴書の作業内容・期間でほとんど判断されます。
つまり経歴書が汚れてしまうとそれだけで市場価値の低いエンジニアとみなされてしまい、優良企業にステップアップするのが困難になります。

経歴書が汚れてしまうというのは具体的には
評価・テスト案件が多い
短期案件が多い
上流工程に携わっていない
レガシーな環境での開発経験しかない

このようなことを言います。
客先常駐SEの場合、自分の意思でなく会社の都合で現場が決定されます。
また、現場に参画する期間についても同様なため経歴書が汚れてしまうケースがほとんどです。
市場価値と経歴書という観点で考えると客先常駐の経験を積むことはデメリットしかありません。

著者
著者
こういった話はなかなかしてくれる方がいないと思いますが客先常駐SEと将来性を考える上では絶対に知っておきたい内容です。

20代、30代、40代、50代客先常駐SEの未来のリアル

客先常駐SEの将来性を語るうえで大事なのが、今の会社で何歳になったらどうなっているか?というリアルを知ることです。
客先常駐SEで最も多い失敗パターンが、ダラダラと年齢を重ねて気がついたら派遣やアルバイトでしか働けないエンジニアになっているというケースです。

著者
著者
自分自身の10年後や20年後がもしわかっていれば行動できたのに、と思っても時すでに遅しです。

まずは年齢別の転職市場と客先常駐SEのリアルを知っていくことが大切です。

20代の客先常駐SEの転職市場について

エンジニアの将来性を決定するのに最も重要なのが20代です。
これは客先常駐SEが将来を考えるうえで非常に重要なことなので絶対に覚えておきましょう。
20代のエンジニアは実力や経験以上に高値がつきます。
ポテンシャルの高いエンジニアは学歴や経歴を度外視し企業が採用してくれますので、売り込みの絶好のチャンスです。
それは優秀な若手エンジニアの確保が企業の競争力になるという背景があります。

著者
著者
とにかく転職をするのであれば20代・しかも早ければ早いほうがいいということを覚えておきましょう。

客先常駐SEが自分を売り込むなら絶対に20代のうちに!これが将来を考えると成功のための鉄板法則です。

30代の客先常駐SEは35歳がひとつのターニングポイント

30代のエンジニアは35歳がひとつのターニングポイントになります。
それは35歳が年齢的な分岐点で、ただの派遣労働者で終わるか優秀なエンジニアになるかということが決まる境界線の年齢だからです。
キャリアアップのための転職はこの年齢がラストチャンスだと思っていたほうがいいでしょう。

著者
著者
エンジニアの市場価値は30代中盤にピークを迎えます。
うかうかしているとあっという間だということを知っていきましょう。

40代の客先常駐SEの転職市場について

40代になると転職市場は非常にシビアになります。
キャリアアップや年収アップというのは実質的には非常に難しくなります。
それだけではありません。
この年齢になると客先常駐の会社をクビになる人も出てきますので契約社員や派遣会社を点々とする人も決してすくなくありません。

著者
著者
残念ながらこうなってしまってからでは対処の仕様がありません。
なるべく早く客先常駐SEを脱出しなかったツケがこのようなところで回ってくるのです。

客先常駐とクビについてはこちらで詳しく解説させていただきました。

元客先常駐SEが語るクビ事情!派遣で解雇される人の特徴とリアル客先常駐SEがクビになるのは何故?ITエンジニア向けに業界の知識とクビになりやすい人の特徴と具体例を紹介。派遣エンジニアの解雇についてどこよりも詳しく解説しました。...

50代の客先常駐SEの転職市場について

50代エンジニアの市場ニーズというのはほぼほぼありません。
客先常駐を退職金なくクビになったエンジニアの多くは警備員やコンビニなどのアルバイトをして生活費をかせぐような生活を送ることになります。
一方で若いうちに転職活動に力をいれたエンジニアは大手企業や優良企業の重要なポストについていたります。
彼らの明暗を分けたのは実力や才能ではなく、どのような会社で働いたかという環境の違いだけです。
これは客先常駐SEの将来を考えるうえで絶対にしっておきたいことです。

助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。
レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

生涯賃金から考える客先常駐SEの将来性

客先常駐SEの将来性と年代別のリアルな状況について経験を元に解説させていただきました。
先常駐SEの将来を考える時に最もお勧めなシンプルな方法があります。
それは今の会社で働き続けた場合の自分自身の生涯年収を算出することです。
客先常駐企業(SES企業)の場合ですと、かなり簡単に生涯賃金を算出できます。
また、エンジニア職の平均的な給料なども公開されていますので自分自身と比較することもお勧めです。
30代エンジニアの平均年収リクナビ社調べ

著者
著者
年齢別転職市場でもお伝えした通り、エンジニアは転職できる期限がおよそ10年くらいしかありません。
この間にどれくらい有意義なキャリアアップを果たせるかが大事なゲームだと理解しましょう。

定年まで働ける?客先常駐SEの将来は先輩を見よ

さて、今まで客先常駐SEの将来性について様々な角度からご説明してきました。
客先常駐SES企業で働くメリットは少なく、若いうちに転職市場でよりよい条件の企業を探すというのが成功のポイントであることはご理解いただけたのではないでしょうか?

転職活動は時間や労力がかかり大変
かといって今の会社にいるのはエンジニアとして将来が不安だ

こういった方も多いと思います。
客先常駐SEが自分の将来を考える上で最もわかりやすいサンプルが先輩社員です。
自身の5年後10年後の姿がそこにはあります。
もし会社の先輩が給料や待遇に不満があるようであればあなたにも同じ未来が訪れるでしょう。

著者
著者
実際問題として客先常駐SEのとして働くエンジニアは、40代になっても家も買えない貯金もできない人が大多数です。
自分のSEとしての将来性を先輩からイメージし判断することをお勧めします。
客先常駐は違法なの?面談は?一人で現場にいくと違法?徹底解説します このページでは客先常駐と違法性についてお話していこうと思います。 客先常駐は違法という話を聞くけれど本当なのか? 客先常駐に...

あなたの会社は?客先常駐会社自体の将来性について

さて、今まで客先常駐SEの将来性についてお話してきました。
ちょっと視点を変えて客先常駐会社(SES企業)自体の将来性について考えてみましょう。

ご存じの方も多いと思いますが客先常駐会社は自転車操業のビジネスモデルです。
広告を打ち大量に採用する
低賃金、劣悪な環境に嫌気がさし大量に離職する
長期で働くエンジニアから搾取する

という負のスパイラルに陥っている企業がほとんどのため、収益が安定しません。
また、社員の大量離職や待機など大きなリスクもはらんでいます。

著者
著者
著者の知っている会社では社員数が200人→20人に激減したり、優秀な営業が退職したことで倒産寸前になったケースがあります。

上場してキャッシュリッチであったり、親会社が大企業であればまだしも中小企業の客先常駐会社の将来は不安定極まりないといっていいでしょう。
特に独立系・ベンチャー系の客先常駐会社はいつ飛んでもおかしくないおままごと系の会社も多く長居は絶対に避けるべきです。

著者厳選!客先常駐脱出に外せない転職エージェント4社

ここで著者のお勧めする転職エージェントをご紹介させていただきます。
当然ながらいずれも客先常駐SEと相性のいい転職エージェントばかりを厳選させていただきました。

著者
著者
転職活動のポイントは以下の通りです。転職エージェント各社特徴があるので自分にあった企業に登録しよう。
転職活動のポイント

・転職は一生を左右する一大イベント。少しでも多く情報を集めよう
・転職エージェントで年収・環境・社風など企業のリアルな情報を知ることができる
・転職エージェントはキャリア相談だけでもOK!転職を検討したらまずは相談してみよう
・転職エージェントごとに保有求人が異なるため、2~3社同時に登録すると効率的に転職活動を進めることができる

年収アップがエグイ!SE転職の必須エージェント!レバテックキャリア


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

著者一押し!TechClipsエージェント

公式サイトはこちら→TechClipsエージェント
著者一押しの転職エージェントです。
自社開発・事業会社に特化しているため客先常駐SE脱出に最適です。

著者
著者
求人の質と営業のサービスも業界トップクラスです。
まずはこのエージェントに相談すれば間違いありません。

公式サイトはこちら

若手エンジニアの転職はまず相談したい!WORKPORT

公式サイトはこちら→あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

未経験や若手向けのIT転職に強みをもつ転職エージェントです。
キャリアチェンジや進路相談などバックアップ体制が強いのも安心です。

著者
著者
若手のエンジニアの実績が豊富なので、経験の浅いエンジニアは是非相談したいところです。

公式サイトはこちら

信頼と実績のマイナビエージェント×IT転職


公式サイトはこちら→IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

著者
著者
大手企業やキャリアアップを狙うエンジニアにぴったりです。

公式サイトはこちら

まとめ

客先常駐SEの将来性についてお話してみました。
客先常駐SEの将来性が低いと言われる原因と20代30代40代50代と年齢別のエンジニアの状況について、経験をもとにできる限りリアルな部分をお伝えしてきました。
このページが客先常駐エンジニアであるあなた自身の将来やキャリアについて考えるきっかけや行動する理由になれば何より嬉しく追っております。