客先常駐とクビ

【客先常駐】面談後の辞退・断るのは絶対NG!?その理由とは!?

このページでは客先常駐SEが現場の面談後の辞退や断ることがNGかどうかというお話について掘り下げて説明していこうと思います。
ご存じのようにIT派遣業界の場合、自社でなく常駐先の面談をうけ現場参画の有無が決定されます。
客先の面談を受けたものの「作業内容が嫌なので断りたい」「勤務地が遠いので辞退したい」などというエンジニアは非常に多いです。
果たしてこうった理由で面談後に辞退したり断ることは問題ないのでしょうか?徹底的に解説していこうと思いますので参考にしてみてください。

結論:客先常駐の場合、面談を受けたら基本的には断れないと思っておこう

まずは結論から。
客先常駐の場合、面談後の辞退・断るのは基本NGだと考えておきましょう。
では何故断ることが難しいのでしょうか?
これは客先常駐企業や営業の立場になってみるとわかります。
早速詳しく説明していきます。

客先常駐で辞退できない・断れない理由①IT業界ではクライアントが圧倒的に強いから

客先常駐SEが面談後に辞退できない理由や断れない理由はIT業界のクライアントの立場が強いからです。
IT業界はSlerを頂点としたピラミッド構造で成り立っているのは有名です。
つまりお金を払うほうが圧倒的に偉い立場にあるのです。

大手企業やSlerは客先常駐企業(SES企業)を下請けの人材会社としか思っていません。
変わりはいくらでもいますし、問題を起こす企業はどんどん切っていけばいいだけです。

著者
著者
ところが客先常駐企業(SES企業)はそういう訳にいきません。
高単価をだしてくれるクライアントは数が限られていますし、万が一へそを曲げられて取引ができなくなってしまっては死活問題です。
そのため面談後に辞退をしたり断るなどということがいると会社の信頼問題になってしまうため辞退や断るなどは絶対に避けなくてはいけないという事情があるのです。

客先常駐で辞退できない・断れない理由②高い利益を確保したい

客先常駐SEが面談後に辞退できない理由や断れない理由は客先常駐企業(SES企業)が高い利益を確保したいからです。

IT派遣の業界は常駐先の現場によってクライアントから支払いの単価が異なります。
同じエンジニアを派遣する場合でも、派遣先によって単価の差があるので当然ながらなるべく高い利益を確保できる現場を優先します。

客先常駐企業(SES企業)は営利企業ですから、エンジニアのわがままをきいて利益率が下がったりすることは本末転倒です。また、エンジニアのわがままを聞くと待機リスクが増えてしまうことも見逃せません。
そのため会社の設定した面談の場合辞退したり断ったりするのが難しいのです。

客先常駐SEのピンハネや給料についてはこちらで詳しく説明しました。

【脱底辺】客先常駐の給料と年収の全て!金持ちSEを目指すための新常識客先常駐SEの給料と年収について解説してます。派遣エンジニアは給料が安いと言われていますが平均はどれくらいなの?人には聞けない疑問や業界の裏話が満載。元客先常駐SEがどこよりも詳しく徹底解説します。...

客先常駐で辞退できない・断れない理由③わがままを聞いていると営業コストがかかる

客先常駐SEが面談後に辞退できない理由や断れない理由の一つはエンジニアのわがままを聞いていると営業コストがかかるということです。
実は「案件を探す→面談をする→参画させる」というのは営業は結構な手間と時間をかけています。
クライアントに提案しても書類選考がありますので全てが面談になるわけではありません。
魅力的な案件や高い案件の場合、別の候補者が多数エントリーしてますのでライバルも多く面談にたどり着けないケースも多いです。
また、面談後も見送りになったりすることも考えると一人のエンジニアを決定するまでにはかなり時間がかかるのです。

著者
著者
こういった営業コストを考えると一人一人のエンジニアのわがままを聞いている訳にはいかないのが客先常駐企業(SES企業)で辞退できない理由や断れない理由です。

それでも客先常駐で面談後に辞退したり断るとどうなるの?

客先常駐で面談後に辞退したり断れない事、そしてその理由についてご説明させていただきました。
それでもまだどうしても「この現場には行きたくないから辞退したい」という方もいるでしょう。
もしそういう事をいうとどういう扱いを受けるのでしょうか?
このあたりが客先常駐の最悪な点なのですが、知らない方のために解説させていただきます。

面談後辞退するとどうなる?①会社・営業とトラブルになる

客先常駐で面談後辞退すると会社や営業とトラブルになります。
こういった場合まずは説得しますが、もしそれでも辞退の意思が強い場合脅してくる企業もいます。
給料や賞与のカットをちらつかせる事もあります。
これはエンジニア側からしたらメチャクチャな話です。
ただし会社側の見方は違います。

せっかく案件が決まったのに、会社に対して利益の貢献をしないといっているのと同義ですから給料や賞与に影響があっても何もおかしくはありません。
また、正社員になる前の試用期間であれば正社員化できず契約終了となる可能性もあります。

著者
著者
このように客先常駐SEは非常に弱い立場になるということを知っておきましょう。

退職時のトラブルについては以下で詳しく説明しました。

客先常駐SEが退職する前に読む!損害賠償やトラブル回避術客先常駐SEが退職する際に絶対に知っておきたい事だけ厳選!派遣会社によっては退職時に損害賠償請求を持ち出したり、強い引き留めを行ったり大きなトラブルに発展することも。元客先常駐SEが退職に必要なトラブル回避のためのノウハウを伝授します。...

面談後辞退するとどうなる?②給料や査定・出世に影響してくる

客先常駐で面談後辞退すると給料や査定・出世に影響してきます。
理由は先ほど述べましたが、決まった案件を辞退するということは会社の利益を減らしますし営業のコストを増やします。
このように、直接的間接的に会社に対して損失を与える行為だからです。
こういったエンジニアの給料を上げることはありませんし、むしろ減給対象です。
多くの場合人事考課は担当営業も関わってきますのでいくら現場で頑張ってもいい評価を獲得することが難しくなってしまうのです。

また、当然出世にも影響してきます。
もっとも客先常駐企業(SES企業)の出世といってもせいぜい肩書がつくくらいで、大幅に給料があがることはありませんし大した意味はありません。

著者
著者
ただし基本的には会社に対して従順な人材を引き上げるのが常識です。
少なくとも会社や営業の指示に従わないエンジニアが出世することはないと思っておいたほうがいいでしょう。
このあたりも客先常駐の恐ろしいところです。
客先常駐SEは出世できない!?出世する意味はある?【徹底解説】 このページでは客先常駐SEは出世できるのか?また出世する意味はあるのか?という点について深堀しておこうと思います。 客先常駐S...

過酷な残業、通勤地獄・・・客先常駐は奴隷!?

著者は客先常駐企業で長年勤務しており「行きたくない現場だけど無理やり行かされる」地獄をたくさん見てきました。
典型的な例が以下です。
稼働時間が長く過酷な現場
通勤が遠すぎる
作業環境が悪すぎる
人間関係が最悪
まったくスキルが身につかない現場である

などです。
こういった現場も辞退が難しかったり、勤務を強制させられたりします。
客先常駐SEの場合会社の命令に従うことは絶対なので、もはやこれは逃げられない運命といっていいでしょう。
このような状況を揶揄して客先常駐SEは「IT奴隷」「IT土方」「現代の蟹工船」などと言われるのです。
このような地獄のような環境で奴隷のように働くかどうかはあなた次第です。

まとめ

客先常駐で面談後に辞退したり断ったりすることが難しい理由と、断った場合どうなるかという事について詳しく説明してみました。
客先常駐のデメリットに気がついたら少しでも早く転職活動を行うべきです。

助手
助手
以下に客先常駐SEが知っておきたいポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。
客先常駐SEが絶対に知っておきたいこと

エンジニアのピークは早い。20代を客先常駐で過ごすのは底辺確定
20代であればまだ客先常駐SEを脱出できるが30代になったらもう厳しい
生涯賃金を決定するのは20代にいかにキャリアを積めるかにかかっている
搾取されまくる客先常駐SEを辞めるだけで年収アップは簡単にできる

転職エージェントを使わないと圧倒的に失敗する確率が高いのは何故?

転職活動には「求人サイトを使う方法」と「転職エージェントを使う方法」がありますが、
失敗しないためには転職エージェントを使う方法が圧倒的にお勧めです。

助手
助手
理由は求人サイトを使うのはリスクだらけだからです。
求人サイトを使うリスク

客先常駐企業にも関わらず自社開発をしているようにみせて騙されてしまう
ブラック企業とホワイト企業の見分けがつきにくい(常に広告をだしている企業はカモフラージュがうまい)
年収アップするかどうかは、面接後でないとわからないため無駄足になりやすい
会社の雰囲気など実際にいかないとわからない部分が多い
入社後のギャップが生まれやすい

一方で転職エージェントを使うメリットは非常に大きいです。
それは簡単で転職エージェントの営業担当は実際に企業に行き、現場の取材をしているためミスマッチが発生しにくいのです。

転職エージェントを使うメリット

営業担当が企業文化・開発環境・企業の雰囲気をしっているため入社後のミスマッチが起きにくい
転職エージェントのコネクションで、求人サイトにない非公開求人を紹介してもらうことができる
求人サイトで一つ一つ調べるよりも転職エージェントで紹介を受けたほうが求人数・質がずっと高い
すぐに転職を考えていなくとも無料でキャリア相談ができる

助手
助手
 転職に失敗するのはほぼほぼ求人サイト経由です。
特にITエンジニアの場合、環境が非常に大切なため現場をよく知る転職エージェントに相談することは必須と言えるでしょう。

客先常駐脱出&年収アップのド定番エージェント!レバテックキャリア

公式サイトはこちら→IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】



IT転職といえば業界でも最大級の求人数を誇るレバテックキャリアがお勧めです。
最大の特徴は年収アップの実績です。
年収100万円~200万円アップはざらにありますので、年収アップを狙う客先常駐SEは登録必須です。

助手
助手
IT転職のド定番エージェントなので外せません。

自社開発!脱客先常駐!業界を熟知したまさにプロフェッショナルのTechClipsエージェント

公式サイトはこちら→ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】



事業会社に特化しているため客先常駐を脱出するにはもってこいの転職エージェントです。
経験者向けの魅力的な案件が豊富です。
他社にはない非公開求人で一気にキャリアアップと年収アップが狙えます。

助手
助手
経験者は是非登録してみましょう。無料の転職相談も非常にお勧めです。

未経験者と若手エンジニアは登録必須!キャリア構築のためのWORKPORT

公式サイトはこちら→IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】



未経験や若手向けのIT転職に強みをもつ転職エージェントです。
キャリアチェンジや進路相談などバックアップ体制が強いのも安心です。

助手
助手
若手のエンジニアの実績が豊富なので、経験の浅いエンジニアは是非相談してみましょう。

大手&優良企業を狙うなら絶対ココ!信頼と実績のマイナビエージェント×IT転職

公式サイトはこちら→IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT



国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

助手
助手
大手企業や優良企業を狙うエンジニアは絶対に登録することをお勧めします。

WEB系の転職であればまず相談!GEEKLY

公式サイトはこちら→IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援



WEB系のIT転職であればGEEKLYがお勧めです。

助手
助手
客先常駐SEで業務系の仕事からWEB系に転職したいエンジニアは是非相談してみましょう。