客先常駐と退職

【必見】客先常駐を辞めたい!と思ったエンジニアは知っておこう【業界人が語る】

このページでは客先常駐を辞めたいと思った時に考えるべきことについてまとめてみました。
客先常駐SEを辞めたいと思ってもいざ辞めるとなると悩むもの。
また、転職活動は時間と手間がかかりますし新しい環境へのチャレンジというのは勇気がいります。
とはいえ、客先常駐はデメリットも多いため辞めるという判断をするのであれば早いにこしたことはありません。
客先常駐を辞める・辞めないの判断の際の参考にしてみてください。

客先常駐SEが退職する前に読む!損害賠償やトラブル回避術客先常駐SEが退職する際に絶対に知っておきたい事だけ厳選!派遣会社によっては退職時に損害賠償請求を持ち出したり、強い引き留めを行ったり大きなトラブルに発展することも。元客先常駐SEが退職に必要なトラブル回避のためのノウハウを伝授します。...

客先常駐の現場が合わないので辞めたい

客先常駐を辞めたいと思う時には少なくとも現場が合わない事が多いものです。
現場を本当に気に入っていれば不満ができることは少ないのです。
問題は、たまたま今回の現場があわないだけなのかそれとも今までも度々そういったことがあったのかという点です。
客先常駐の場合、外注スタッフとして現場にいくためどうしても色々な面で現場のプロパーと扱いがことなってきます。

上流工程を担当できない
雑用ばかりさせられる
効率の悪い開発方法を指示される
外注なので扱いが悪い
疎外感を感じることがある

客先常駐SEの場合こういったケースが多くみられます。
度々現場に対して不満をもってしまう場合、そもそも客先常駐で派遣される現場とエンジニアの働き方がマッチしていないということです。
これは現場を変えたからといって変わることはありませんので、客先常駐そのものを辞めたほうがいいという典型的な例です。
逆にどこの現場にいってもその場にあわせることができ、特にストレスがたまらないタイプのエンジニアであれば客先常駐を続けてもいいのではないでしょうか。

自社への不満が大きいため客先常駐を辞めたい

客先常駐を辞めたいと思うのは自社への不満が大きくなる時です。
給料が安い
評価制度が不明瞭
将来性が低い
ボーナスがでない
帰属意識がもてない

などなど、客先常駐SEは自社に対して不満をもつことがたくさんあります。
結論からいうとこういったケースも客先常駐SEを辞めたほうがいいでしょう。
SES企業(客先常駐型企業)のビジネスモデルはどこも大差ありません。
要はいかにエンジニアからピンハネするか、というのがポイントになるためエンジニアの待遇改善などありません。

あなたを辞めさせないために色々とその場しのぎの弁明はするかもしれませんが、本質的な解決は行われないことがほとんどでしょう。
また、これは他のSES企業(客先常駐型企業)に転職しても全く同じことがおきてしまいます。
客先常駐SEを辞めて自社開発や社内SEなどしっかりと腰を落ち着かせた企業への転職を考えるべきです。
逆に上記で述べたような不満も特になくとにかく毎月給料が振り込まれればOKというタイプのエンジニアであれば客先常駐は合っているといえるかもしれません。

客先常駐で将来のビジョンが見えないので辞めたい

客先常駐は将来性が低くビジョンが見えにくいため辞めたいというのもよくあるケースです。
確かに客先常駐SEは明確なキャリアアップや将来のビジョンが見えにくいという特徴があります。
こう感じた時には以下の方法を試してましょう。

客先常駐SEの将来性と年代別転職市場が3分でわかる徹底解説客先常駐SEの将来性についてとことん解説と検証してみました。年代別の客先常駐SEの転職市場のリアルも説明。元客先常駐SEが派遣エンジニアのためにどこよりも詳しく業界裏事情を教えます。...

自社の営業や役職者と話し合いをする

客先常駐SEでなくとも自分の将来に不安を感じることは少なくありません。
特にIT業界は移り変わりが激しいため本当にこのままでいいのか?という漠然とした不安を抱くエンジニアが多いのも納得です。
自社の営業や役職者であれば多くのエンジニアとキャリアをサポートしてきているので、ある程度将来の目安やキャリアビジョンを持っていることが多いです。
また、一部ですがしっかりとしたキャリアを積めるケースもありますので自社が考える自分に対してのキャリアプランを聞かせてもらうというのは有効な方法です。

そのうえで「やっぱり何も考えてなかった」「いきあたりばったりだ」などの不満をもつようであれば客先常駐を辞めたり転職を考えたりという判断をしてみるのがいいでしょう。

転職エージェントに相談する

将来のビジョンが見えないのは自分の市場価値を理解できていないからという見方もできます。
実は転職活動をすればすぐに年収アップできたり、希望の方向性にキャリアアップができるにも関わらず自分の市場価値をしらずに行動できない人がいます。
もちろんエンジニアの市場価値やスキル・経験はまちまちですので全ての客先常駐SEが転職してすぐに上手くいくとは限りません。

しかしながら自分の市場価値を知ることで何ができて何が足りないのかなど今後の指針を立てる参考にはなるでしょう。
転職エージェントは無料でそういったアドバイスをしてくれますので、まずは色々と相談して活用してみるのがいいでしょう。

客先常駐を辞めたいので自社に戻してもらうのは有効?

客先常駐を辞めたいので自社に戻してもらうという選択肢はどうでしょうか?
結論から言うとかなり厳しいと思います。
受託を行っている企業でも時期によっては作業がなかったりしますし、その場合は当然客先常駐先で仕事をしなくてはいけません。
また、SES企業にはそもそも社員が全て常駐している企業も多いです。

いずれにせよSES企業は一人のエンジニアのワガママを聞いてくれるほど甘くありませんし、特別な事情でもない限り危険な社員だというネガティブなレッテルを貼られてしまうことでしょう。
SES企業のエンジニアの年収は低く、将来性が低いのは周知の通りです。

客先常駐の給料と年収の全て!派遣エンジニアが3倍賢くなる業界知識客先常駐SEの給料と年収について解説してます。派遣エンジニアは給料が安いと言われていますが平均はどれくらいなの?人には聞けない疑問や業界の裏話が満載。元客先常駐SEがどこよりも詳しく徹底解説します。...

こういった中でさらに自分の立場を悪くしても何らメリットがなくむしろリストラ候補となるだけです。
つまり客先常駐を辞めたいからといって自社に戻してもらったりワガママをいえばいうほどさらに最悪な状況に自分を追い込むことになってしまうのです。

休暇をとって将来のことを考える

客先常駐を辞めたいと思った時に休暇をとって将来のことを考える方法はお勧めです。
何故かというと客先常駐SEは日々の業務の中で大きなストレスをかかえています。

3分でわかる!客先常駐SEがストレスだらけな理由とその対策とは?客先常駐SEとストレスについての原因と関係性を掘り下げて解説。派遣型エンジニアは特にストレスを受けやすいため対策が必要です。客先常駐SEがストレスなく健全に過ごすためのアドバイス。...

じっくりと将来のことを考え「本当に自分がしたいことは何なのか」ということを見つめ直す時間をとることができないものです。
また、中には精神状態が疲弊しまともな判断がでなくなくなってしまうエンジニアもおりますので、色々な意味で休暇をとるのが有効なのです。

信頼できる業界人に相談してみる

客先常駐を辞めたいと思った時に有効なのが信頼できる業界人に相談してみることです。
客先常駐SEのデメリットとして現場と自宅だけの往復だけに時間を費やされてしまい視野が狭くなってしまうことがあげられます。
ただ目の前の業務をこなす技術を上げるだけでは将来的なビジョンなど生まれようがありません。

とにかく情報を集めよう

IT業界の交流会に参加したり、先輩との飲み会に参加したり、なるべく色々な立場の人の意見を聞くことが重要です。
また、ネットの情報も馬鹿にはなりません。
中小企業の人材会社は倒産リスクも高いですし、痛い目をみた先輩エンジニアの意見も知ることができます。
様々な情報を集め本当に自分の進むべき道をしっかりと見つけられるようにしましょう。

まとめ

客先常駐を辞めたいと思った時に考えるポイントや具体的な行動についてお伝えしてみました。
最も重要なのは客先常駐を辞めたいかどうかよりも「自分がどうなりたいか」「今の会社でそれを実現できるか」という点です。
逆にいえばその答えさえでれば「では自分のビジョンを実現するためにどういうリアクションをするべきか」ということが見えてきます。
客先常駐を辞めようかどうか悩んでいる方は一度原点に戻って考えてみてはいかがでしょうか。