客先常駐と給料

客先常駐の給料と年収の全て!派遣エンジニアが3倍賢くなる業界知識

このページでは客先常駐SEの給料と年収についてお話していこうと思います。
「客先常駐で給料が安くて不満だ」「客先常駐で今後年収が上がるのか心配だ」というのは客先常駐SEが抱える不安の一つです。
しかし問題が【お給料・お金】に関わる部分だけに同期や友達にも相談できないままモヤモヤしているエンジニアの方も多いのではないでしょうか?
客先常駐の給料や年収について詳しく説明させていただこうと思いますので是非参考にしてみてください。

著者
著者
著者は元客先常駐SEで、業界歴20年・のべ数百人のエンジニアの採用にも携わってきましたので、業界の給料事情について誰よりも詳しく熟知しているつもりです。
給料面だけでなく業界の基礎知識や仕組みを知ることでエンジニアとしての視野が広がることは間違いありません。
【SES】客先常駐の社内待機と自宅待機は地獄の始まり【給与カットされクビ】 このページでは客先常駐SEにとって大変重要な社内待機と自宅待機について詳しく説明させていただきます。 客先常駐企業(SES企業...
助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

 

レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

客先常駐SEの年収と給料について

まずは客先常駐企業の給料の目安について説明していこうと思います。
一般的に客先常駐SEの年収は低く薄給と言われております。
著者は元客先常駐企業(SES企業)に勤務しており、新卒や若手のエンジニアをたくさん見てきました。

そこでは見たのは会社自体は非常に儲かっていて都内の一等地にオフィスを構えているにも関わらず、エンジニアの給料は驚くほど低賃金で毎日カップラーメン生活という何ともシュールな光景でした。

採用担当になってからは実際のエンジニアの給与明細を知る立場になりその安さに二度驚いた記憶があります。
客先常駐SEは「今は給料が安いけどそのうち上がる」という考えを捨てないといけません。
このページでは客先常駐SEの標準的な給与明細を公開をさせていただきます。

著者
著者
客先常駐SEの賃金のイメージをよりリアルに持っていただけると思いおます。

新卒の客先常駐SEの給与明細はこちら

まず新卒で客先常駐SEとなったエンジニアの給料についてご説明させていただきます。
中小企業の客先常駐型企業(SES企業)であれば基本給(基本賃金+固定残業手当+常駐手当)は20万円~25万円のレンジが最も多いです。

勤務地(都心部か地方部の違い)によって給与支給額や手当、住民税など細かい数字は前後しますが概算を理解していただくことが目的ですので、計算を簡略化しております。

基本賃金 150,000
固定残業手当 50,000
常駐手当 30,000
健康保険 12,000
厚生年金 27,000
住民税・所得税 12,000
手取り給料 179,000

新卒で入社した客先常駐SEは1~2年目までは年収250万円~300万円程度が標準です。
また、待機期間中は常駐手当が支給されないケースもあるため賃金としては極めて低い水準の企業も少なくありません。

3~5年目の客先常駐SEの給与明細はこちら

次に中小企業の客先常駐型企業(SES企業)3年から5年程度経験を積んだ客先常駐SEの給料についてご説明させていただきます。

基本賃金 200,000
固定残業手当 50,000
常駐手当 30,000
健康保険 16,000
厚生年金 30,000
住民税・所得税 12,000
手取り給料 220,000

3年目~5年目の客先常駐SEは年収350万円~400万円程度が標準です。
企業によっては賞与が支給されることもありますが、寸志程度の額しか支給されないことも多いです。

6年目以降の客先常駐SEの給与明細について

6年目以降の客先常駐SEの年収についてご説明させていただきます。
基本的には年収400万円からMAX500万円程度で頭打ちになるケースがほとんどです。
その場合手取りの給料としては30万円~35万円前後になります。
この数字が多いかどうかは人の価値観によりますが、通常のSEと派遣型SEの年収を比較すると優劣は明らかです。
それだけでなくこの年代(30代)をピークに年収が落ちてくるという大きなリスクがあります。
その代表的な理由として待機リスクがあります。

絶対に理解しておきたい社内待機・自宅待機リスク

客先常駐SEの年収を語るうえで待機リスクは理解しておく必要があります。

IT派遣市場は安くて若いエンジニアは非常に需要が高いです。
その一方で30代中盤以降になるとコストとパフォーマンスのバランスが悪くなるため、常駐先が決まりにくくなってきます。

常駐先が決まらないとエンジニアは待機という状態になります。

著者
著者
待機というのはその名の通り現場が決まらず、社内もしくは自宅でスタンバイ状態になることです。
待機になると給料や手当がカットされ評価にも悪影響がでます。

待機になってしまうと常駐手当がカットされてしまいますので、もともと高いといえない客先常駐SEの年収がさらに低くなってしまいます。
そのため、客先常駐SEは年収が大幅に下がる可能性(30%~40%)というリスクと背中合わせなのです。
待機については以下のページで詳しく説明させていただきました。

元客先常駐SEが語るクビ事情!派遣で解雇される人の特徴とリアル客先常駐SEがクビになるのは何故?ITエンジニア向けに業界の知識とクビになりやすい人の特徴と具体例を紹介。派遣エンジニアの解雇についてどこよりも詳しく解説しました。...

客先常駐SEのボーナス事情

客先常駐SEの給料を考えるうえで知っておきたいのが客先常駐SEのボーナス事情です。
客先常駐SEの場合、月給だけでなくボーナスが極めて少ないもの大きな特徴です。
新卒や若手のエンジニア→寸志0万円~10万円程度
3年以上のエンジニア→0.5か月~1か月

このあたりが一般的な支給額になります。
また、待機が発生した場合やトラブルが起き悪い評価を得た場合ですとさらにボーナスが下がるケースも多々あります。

もちろん企業により支給額はまちまちですが、一概にいえるのはSES企業のボーナスは低いということです。
その理由は簡単で「本当はエンジニアにボーナスなど支払いたくないから」という点に尽きます。
SES企業はクライアントからの発注金額とエンジニアの支払いの差額でビジネスが成立します。
クライアントからボーナス時期に発注金額が上がるはずもなく、SES企業の持ち出しでエンジニアに支払っているのです。
こういった事情を知っていると何故客先常駐SEのボーナスが低いのかという点についてもご理解いただけるのではないでしょうか。

客先常駐SEは年収が低く貯金ができない

客先常駐SEは年収・給料が低いため貯金ができないエンジニアも少なくありません。
著者の経験でも「ほぼ貯金ができず支出が多い月にはマイナスになってしまう」というエンジニアが多数おりました。
特に都内で一人暮らしをしている場合ですと、客先常駐SEの年収は生活できるギリギリのラインです。

著者
著者
一般的には決して低収入のイメージはないエンジニア職ですが、これが客先常駐SEのリアルだと思います。
本来もっとパフォーマンスをあげ高年収を獲得できるのに、そういった知識がないために低収入に甘んじてしまっている若者が多いのは大変残念に思います。
助手
助手
客先常駐SEにお勧めの転職エージェントはこちらです
著者
著者
まずは相談してみよう!IT業界の転職エージェントではレバテックキャリアに相談しておけば年収アップ間違いなしと言われてます。
レバテックキャリア
年収アップを狙うSEは登録必須です。年収100万円~200万円以上アップの実績多数!
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】 当サイト一押しの転職エージェントです。事業会社に特化しているため優良企業を狙う客先常駐SEの方にぴったりです。
あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】
若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントです。未経験、若手向けの転職実績が抜群なので若手エンジニアは是非相談したいエージェントです。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
大手企業にパイプを持ち総合力の高い転職エージェントです。大手やホワイト企業を狙うエンジニアは是非登録しておきましょう。

客先常駐SEの給料が安い理由とは?

客先常駐SEに代表されるような派遣型エンジニアの給料が低い点についてはここまで説明させていただきました。
では客先常駐SEは何故このように安いのでしょうか?理由は簡単で以下二点です。

・仲介会社にピンハネされるから
・自社にピンハネされるから

仮にエンジニアが経験を積みクライアントから支払われる単価がアップしたとしましょう。
ところが仲介会社や自社にピンハネされる金額が増えてしまったら手取り金額は変わりません。
そしてそれはエンジニアが知らないだけでSES企業で日常的に行われている光景の一つです。

著者
著者
派遣会社は営利目的の企業でありボランティアではありません。
リスクを背負ってエンジニアの採用を行う以上利益を最大化しようとするのは当然です。
そもそもこのようなエンジニア搾取から成り立っているのが派遣型企業だという理解が必要です。

客先常駐会社のピンハネ率について

では一体IT業界における客先常駐SEの給料のピンハネ率とはいったいどれくらいなのでしょうか?
現実はかなりエグイです。

・仲介会社のピンハネ率は10~30%
・自社のピンハネ率は30%~50%

こちらが標準的な客先常駐SEの給料のピンハネ率です。
例えばユーザーがあなたに対し一人月あたり100万円で発注しているとしましょう。
仲介会社をA・B二社経由し現場に参画している場合はこのようになります。

ユーザー発注金額 100万円
仲介会社A 90万円でB社へ(10万円ピンハネ)
仲介会社B 80万円で所属会社へ(10万円ピンハネ)
所属会社 30万円をエンジニアの給料へ(50万円ピンハネ)。
あなた 給料30万円
著者
著者
これは一例ですが、仲介会社がもっと多い場合やピンハネがエグイケースもたくさんあります。

 

潤うSES企業と搾取されるエンジニア

SES企業がエンジニアに対して給料ピンハネの仕組みを説明することはありません。
自身が大いに搾取されている現実を知ったらエンジニアは皆退職してしまうからです。

ちなみに企業はエンジニアに対して莫大な採用コストをかけています。
昨今は一人あたりの採用に対して80万円~100万円が相場です。
これだけのコストをかけても十分の企業が利益を得ることができるのは何故?と考えるとみましょう。
これだけ搾取されていては客先常駐SEの年収があがるはずはありません。

客先常駐SEの昇給制度の不透明さ

客先常駐SEと給料を語るうえで忘れていけないのが昇給制度・人事考課制度の不透明さです。
驚くべきことなのですが、客先常駐SEは「何をどのようにしたら昇給するかわからない」という環境で働いている方が大半です。
SES企業は昇給制度を意図的にあいまいにしているケースがほとんどです。

昇給制度をあいまいにする理由は本文でも述べたように企業の利益を最大化するためです。
社員の給料は一度上げてしまうと下げるのが難しいためSES企業にとっては大きなリスクを抱えることとなります。
通常の企業であれば昇給に対してそこまでリスクと考えることはありませんが、派遣型企業の場合いかに社員から搾取するかが企業繁栄の最大のポイントになります。
そう考えると客先常駐企業の昇給制度・人事考課制度の不透明さについてしっくりくるのではないでしょうか。
このような客先常駐SEの企業体質に不安を覚え退職するエンジニアは非常に多いです。

客先常駐SEの将来性と年代別転職市場が3分でわかる徹底解説客先常駐SEの将来性についてとことん解説と検証してみました。年代別の客先常駐SEの転職市場のリアルも説明。元客先常駐SEが派遣エンジニアのためにどこよりも詳しく業界裏事情を教えます。...

客先常駐SEが年収を上げるテクニックはある?

客先常駐SEの給料・年収の低さについてお話してきました。
さて客先常駐SEが年収を上げるテクニックやコツはあるのでしょうか?
結論からいうと「年収を上げるテクニックはない」ということになります。
理由は簡単です。
単価が上がってもピンハネ率があがるだけだから
現場を決定するのはエンジニアでなく営業だから
現場でパフォーマンスを上げても上長は見てないから

この三点です。
SES企業の考え方の根幹としては「辞めない程度に給料を与えておけばいい」というものです。
だから離職率が高いのですが、派遣型ビジネスで多くの人材を管理するのは非常に困難です。
全てのエンジニアの満足する年収を実現するのは難しいので、最低限の給料を支払い企業の利益を確保するというのは実に合理的な手法ともいえます。

唯一方法があるとすれば会社にガンガン交渉するとやり方ですが、かえって目をつけられてしまい悪い結果になることがほとんどです。
SES企業にすれば特定のエンジニアだけ還元率を上げることはデメリットしかありません。
また、交渉してくるようなエンジニアはめんどくさいですし管理コストを考えると辞めてもらったほうがまし、という結論になってしまいがちです。
少し話がずれましたが、やはり客先常駐SEが年収を上げるテクニックなど存在しないというのが現実なのです。

新卒で客先常駐の会社に入社してしまったら脱出一択

ここまで読んでいただいた方はご理解いただけると思いますが、新卒で客先常駐の会社に入社してしまったエンジニアはすぐに脱出するという選択をお勧めします。
特に理系大学や優秀な大学を卒業し新卒で入社したエンジニアほどカモにされます。
彼らはエンジニアとしてのポテンシャルが高い子が多く2~3年も経験を積めばかなりの戦力です。
市場価値も高くユーザーからは100万円で発注を受けているにも関わらず、本人の手取りが20万円なんてケースはざらですので、企業にとってはオイシイ存在なのです。

もちろん理系大卒でなく通常の新卒でも新卒・第二新卒というのは転職市場で強力なカードであることを理解しておきましょう。
新卒で客先常駐の会社に入社したエンジニアは一刻も早く脱出すること。
スキルが上がらず時間を浪費し、派遣型の企業でしか働けないという最悪の事態を回避しなくてはいけません。

新卒で客先常駐SEはヤバい!?あなたを勝ち組にする転職アドバイス新卒で客先常駐SEになってしまったエンジニア必見!派遣型エンジニアのデメリット、給料、キャリアアップについての考え方などを一から解説します。市場価値を高め将来を見据えたエンジニアに向けた情報満載です。 ...

給料が安いから転職したい客先常駐SEへアドバイス

客先常駐SEの給料が安い点については充分に理解していただけたと思います。
現在の会社に残ろうか?それとも転職しようか?と悩んでいる客先常駐SEも少なくないでしょう。
そんなあなたのためにアドバイスをさせていただきます。
それは今の会社において
今後どのように年収がアップしていくのか
何をすれば年収がアップするのか

という点を会社に明確にしてもらうことです。
エンジニアがこの二点を把握しないことには将来設計を構築しようがありません。
そもそも年収が上がるかどうかすらわからずクビになるリスクがあるのであれば、
派遣やアルバイトと全く変わりません。
(客先常駐と検索すると「客先常駐 派遣と同じ」などと出てきます)

経験者から言わせてもらうと人事考課や査定の際にこういった質問をしても明確に返答してくれるSES企業は皆無といっていいでしょう。
何故ならSES企業はピンハネにより利益を得ているためそのような約束をエンジニアとすることはリスクでしかないわけです。
ここに客先常駐のビジネスモデルの本質があるといっていいでしょう。

著者
著者
給料が安いとおもっている客先常駐SEはしっかりとこの点を理解しておく必要があります。

エンジニアの年収を決定する要因は環境が全て

ここまで客先常駐SEの年収について具体的な数字を出しながら解説してきました。
一つ勘違いしてほしくないのがこれは客先常駐SEを代表とする派遣型エンジニアの例です。
通常のエンジニアは普通に稼げますし、難関資格取得者や高学歴でなくとも年収1000万円オーバーを狙える少ない職種です。

著者
著者
エンジニアの年収を決定するのは環境(=どのような企業で働くか)ということが全てです。
年収が2倍も3倍も違っていたとしてもエンジニアのスペック自体はそう変わりません。
派遣型SEは明らかに搾取されているという点に気がつくかどうかが運命の分かれ道です。

著者厳選!客先常駐脱出に外せない転職エージェント4社

ここで著者のお勧めする転職エージェントをご紹介させていただきます。
当然ながらいずれも客先常駐SEと相性のいい転職エージェントばかりを厳選させていただきました。

著者
著者
転職活動のポイントは以下の通りです。転職エージェント各社特徴があるので自分にあった企業に登録しよう。
転職活動のポイント

・転職は一生を左右する一大イベント。少しでも多く情報を集めよう
・転職エージェントで年収・環境・社風など企業のリアルな情報を知ることができる
・転職エージェントはキャリア相談だけでもOK!転職を検討したらまずは相談してみよう
・転職エージェントごとに保有求人が異なるため、2~3社同時に登録すると効率的に転職活動を進めることができる

年収アップがエグイ!SE転職の必須エージェント!レバテックキャリア


公式サイトはこちら→大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

業界でも最大クラスの求人数を誇り、特に強みがあるのが年収アップの実績です。
年収100万円~200万円以上の実績も多数あるため年収アップを狙う客先常駐SEは是非登録してみましょう。

著者
著者
IT転職のド定番エージェントです。年収アップ転職目当てのエンジニアさんには特にお勧めできます。

公式サイトはこちら

著者一押し!TechClipsエージェント

公式サイトはこちら→TechClipsエージェント
著者一押しの転職エージェントです。
自社開発・事業会社に特化しているため客先常駐SE脱出に最適です。

著者
著者
求人の質と営業のサービスも業界トップクラスです。
まずはこのエージェントに相談すれば間違いありません。

公式サイトはこちら

若手エンジニアの転職はまず相談したい!WORKPORT

公式サイトはこちら→あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

未経験や若手向けのIT転職に強みをもつ転職エージェントです。
キャリアチェンジや進路相談などバックアップ体制が強いのも安心です。

著者
著者
若手のエンジニアの実績が豊富なので、経験の浅いエンジニアは是非相談したいところです。

公式サイトはこちら

信頼と実績のマイナビエージェント×IT転職

公式サイトはこちら→IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

著者
著者
大手企業やキャリアアップを狙うエンジニアにぴったりです。

公式サイトはこちら

まとめ

客先常駐SEの給料と年収についてお話してきました。
・客先常駐SEの給料の目安
・6年目以降の客先常駐SEの注意点と待機リスク
・客先常駐エンジニアの給料を決定する要因
・客先常駐SEの給料が安い理由
・新卒で客先常駐の会社に入社した方へ
項目ごとに著者の経験を交えできる限り具体的にご説明させていただきました。
客先常駐SEは絶対に知っておきたい基礎知識ばかりです。
ところが企業側は自社のいい部分はアピールするのですが、肝心のデメリットについての説明はないことがほとんどです。
特に客先常駐SEにとって給料は最も重要な点ですが、給料や年収面はあいまいにされるケースがほとんどです。
現役のエンジニアとして活動できる時間は思いのほか長くありません。
5年、10年という時間はあっという間に過ぎていきます(著者もそうでした)
この記事を読んだエンジニアの方が正しい知識を身につけ何年後かに「あの時あの記事を読んでいてよかった」と少しでも思い出してもらえたらこの上ない喜びです。