未分類

【お悩み解決】転職を考えている客先常駐のあなたへ!ベストなタイミングを教えます。

【お悩み解決】転職を考えている客先常駐のあなたへ!ベストなタイミングを教えます画像

転職を考えている客先常駐のあなたは色々と不安や悩みがあるかと思います。

この記事は下記のような悩みを持つ客先常駐の方へ向けて書いています。

転職をするベストなタイミングが知りたい
契約期間中の退職ではどうなるのか知りたい
同業他社へ転職できるのか不安
トラブルなく退職をしたいと考えている
客先常駐のSEが転職をしたいと思う3つの理由
客先常駐のSEが転職をしたいと考える理由には、主に以下の3つが挙げられます。

Contents

客先常駐では派遣先を選ぶことができないから

客先常駐のSEは基本的に派遣先を自分で選ぶことはできません。
しかしこれが転職を考える原因の一つになっているようです。

派遣先を選べないが故に起こる不満

・パワハラ気質の派遣先だった
・毎日続く残業で自分の時間がとれない
・通勤に時間がかかる
・従事したいプロジェクトではない
・飲み会が多く強要される
・とにかく労働環境が悪い

など

派遣先を選べないことで、このような不満が溜まってしまうのです。
不満が積もり積もって嫌気が差し転職を考えるようになります。

将来的な不安を感じているから

客先常駐の働き方は一般派遣と同じです。

派遣という形態から将来的な不安を抱えてしまうという人も多いようです。

また派遣先で任されるのはスキルアップができるような仕事ではないことがほとんどです。
だから技術者としての成長は難しく、将来的に希望を持てないという理由から転職を考える人も多くいるのです。

給与が低いことへの不満から

一般的なSEと比べてみても客先常駐のSEの方が給与は低いのが現状です。

他人と比べて給与が低いと誰でも「同じ仕事なのになぜ?」と不満を感じます。
一度不満を募らせてしまうと嫌気がさし転職を選択するように気持ちが動きます。
ではなぜ客先常駐のSEは一般的なSEに比べると給与が低いのでしょうか?

その理由は2つです。
1.多重下請け構造で中間マージンを取られるから
2.待機期間があるから

もう少し説明をしますね。

1.多重下請け構造で中間マージンを取られるから

客先常駐のような元請けから下請けへとピラミッドのように多重下請け構造だと、中間マージンを取られるために現場で働くSEの給与が少なくなります。
詳しくはこちらの記事にも記載しております。

【脱底辺】客先常駐の給料と年収の全て!金持ちSEを目指すための新常識客先常駐SEの給料と年収について解説してます。派遣エンジニアは給料が安いと言われていますが平均はどれくらいなの?人には聞けない疑問や業界の裏話が満載。元客先常駐SEがどこよりも詳しく徹底解説します。...

2.待機期間があるから

プロジェクトの契約終了から次のプロジェクトが開始されるまでの空白期間を待機と呼びますが、待機期間でもSEに対しては給与の支払いがされます。

しかしその期間は会社には売上があがりません。
そのために最初から給与を抑えているのです。

客先常駐特有の転職時の悩み

客先常駐特有の転職をする際に抱える不や悩みがあります。
それが以下の3つです。

1.契約期間中だから退職を拒否される?
2.プロジェクト途中でも退職ができるのか?
3.同業他社へ転職すると訴えられる?

この3つが客先常駐のSEが抱える主な悩みとして挙げられます。
もう少し詳しく見ていきましょう。

契約期間中だから退職を拒否される?

契約期間中だからという理由で退職を拒否されるケースも多くあるようです。

その理由は主に3つ

1.契約先との関係が悪化するから

2.SEが退職をすると会社の利益を失うから

3.担当者のインセンティブが減るから

これらのマイナス要因があるために退職を拒否されることが多いのです。

しかし結論から言うと退職拒否をされても退職はできます。
自社と派遣先が結ぶ契約にSEは関係がないからです。

転職を決めて行動に移しているのであれば契約先などの考えず、退職の手続きを進めてください。

プロジェクト途中でも退職ができるのか?

「プロジェクト途中だから退職はできない」と考えている人も多いのではないでしょうか?

先ほどの契約期間中でも退職ができるのと同じようにプロジェクト途中でも退職はできます。

そもそも一人が欠けることでプロジェクトが止まるようなことはありません。

プロジェクト途中だからと残っているのでは退職するタイミングを掴めず中途半端な気持ちで仕事を続ける形になります。

だから退職をする意思が固まっているのならば、プロジェクトのことは気にせずに退職の手続きを進めていいのです。

同業他社へ転職すると訴えられる?

会社規定として「同業他社への転職禁止」と、定めているところもあります。
「規定を破ると法的な手段を取るよ!」などと言って転職を阻止しようとする会社もあるようです。

しかし結論から言うと、それはできません。
なぜならこの国には『職業選択の自由』が憲法でしっかりと定められているからです。

例え誓約書を書いていても、裁判になるようなことはほとんどないので安心してください。

もし不安な場合は労働基準監督署へ相談をしてみるといいですよ。

客先常駐の転職がベストなタイミングとは

客先常駐のSEが転職をするベストなタイミングとはいつでしょうか?

それは2つあります。
1.契約期間が終了したとき
2.プロジェクトが終了したとき

です。

なぜなら円滑に退職ができるタイミングだから!

契約期間が終了したとき

客先常駐のSEは契約期間がありますよね。
ほとんどの場合で3ヶ月単位の契約だと思います。

会社によっては1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月もあります。
この契約期間終了にあわせたタイミングが転職をするベストなタイミングなのです。

プロジェクトが終了したとき

会社にとっても派遣先にとってもプロジェクトの途中で辞められるのを一番嫌います。

それはプロジェクトには区切りがあるために、その区切り前に抜けられると新しい人材を確保しなくてはならないからです。

しかしプロジェクトの終了をするタイミングが区切りになるので、このタイミングであれば円滑に転職をすることができます。

こちらの場合も退職を申し出るタイミングは契約期間が終了する前の方がいいですよ。

少しでも早く転職がしたい場合

円滑な退職を望む場合のベストなタイミングは2つでした。

契約期間が終了したとき
プロジェクトが終了したとき

しかし少しでも早く転職がしたい場合には、どのタイミングがベストなのでしょうか?

それは転職先が確定してからです。

転職先が確定してから

あなたは色々と悩んで決断をしたと思います。

転職の意思は固いので、そう言ったときには円滑な退職時期を見計らうよりも自分の気持ちを優先して考えましょう。

自分を優先して転職をする場合には、転職先の内定が確定をしてから退職の話を切り出すのがベストです。

このとき「退職拒否」をされても、退職の意思を変える必要はありません。

退職の意思を伝えるのは誰?

転職をすると決めてタイミングがわかったら、退職の意思を伝えなければならないです。
でも退職の意思を伝えるのは派遣先なのか?自社なのか?

悩む人もいるかと思います。
でもここはすごく大切なので覚えておいてくださいね!

退職の意思を伝えるのは自社の営業担当者です。
伝える方法は電話がベストだと思います。

まとめ:転職のベストなタイミングはあなた次第

ここまで客先常駐のSEが転職をするベストなタイミングはいつなのか?について解説をしてきました。

結論は『あなたの気持ち次第』です。

もう一度振り返ってみましょう。

円滑な退職を望む場合は2つのタイミング

契約期間が終了したとき
プロジェクトが終了したとき

しかし少しでも早く転職がしたい場合には、転職先の内定が確定したときです。

また、契約期間やプロジェクトが終了するタイミング分かっていれば
事前に転職先を探しておくことがベストです。

あなたが転職を決意した理由は、色々とありますよね!
しかし転職は大きな転機になります。

だからできるだけ慎重になって一度冷静に考えてみるのもいいと思いますよ。

転職を決意された際は転職エージェントを使うことをお勧めします。

転職エージェントを使わないと圧倒的に失敗する確率が高いのは何故?

転職活動には「求人サイトを使う方法」と「転職エージェントを使う方法」がありますが、
失敗しないためには転職エージェントを使う方法が圧倒的にお勧めです。

助手
助手
理由は求人サイトを使うのはリスクだらけだからです。
求人サイトを使うリスク

客先常駐企業にも関わらず自社開発をしているようにみせて騙されてしまう
ブラック企業とホワイト企業の見分けがつきにくい(常に広告をだしている企業はカモフラージュがうまい)
年収アップするかどうかは、面接後でないとわからないため無駄足になりやすい
会社の雰囲気など実際にいかないとわからない部分が多い
入社後のギャップが生まれやすい

一方で転職エージェントを使うメリットは非常に大きいです。
それは簡単で転職エージェントの営業担当は実際に企業に行き、現場の取材をしているためミスマッチが発生しにくいのです。

転職エージェントを使うメリット

営業担当が企業文化・開発環境・企業の雰囲気をしっているため入社後のミスマッチが起きにくい
転職エージェントのコネクションで、求人サイトにない非公開求人を紹介してもらうことができる
求人サイトで一つ一つ調べるよりも転職エージェントで紹介を受けたほうが求人数・質がずっと高い
すぐに転職を考えていなくとも無料でキャリア相談ができる

助手
助手
転職に失敗するのはほぼほぼ求人サイト経由です。
特にITエンジニアの場合、環境が非常に大切なため現場をよく知る転職エージェントに相談することは必須と言えるでしょう。

客先常駐脱出&年収アップのド定番エージェント!レバテックキャリア

公式サイトはこちら→IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

IT転職といえば業界でも最大級の求人数を誇るレバテックキャリアがお勧めです。
最大の特徴は年収アップの実績です。
年収100万円~200万円アップはざらにありますので、年収アップを狙う客先常駐SEは登録必須です。

助手
助手
IT転職のド定番エージェントなので外せません。

自社開発!脱客先常駐!業界を熟知したまさにプロフェッショナルのTechClipsエージェント

公式サイトはこちら→ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】



事業会社に特化しているため客先常駐を脱出するにはもってこいの転職エージェントです。
経験者向けの魅力的な案件が豊富です。
他社にはない非公開求人で一気にキャリアアップと年収アップが狙えます。

助手
助手
経験者は是非登録してみましょう。無料の転職相談も非常にお勧めです。

未経験者と若手エンジニアは登録必須!キャリア構築のためのWORKPORT

公式サイトはこちら→ワークポートIT

未経験や若手向けのIT転職に強みをもつ転職エージェントです。
キャリアチェンジや進路相談などバックアップ体制が強いのも安心です。

助手
助手
若手のエンジニアの実績が豊富なので、経験の浅いエンジニアは是非相談してみましょう。

大手&優良企業を狙うなら絶対ココ!信頼と実績のマイナビエージェント×IT転職

公式サイトはこちら→IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT




国内最大級の求人数を誇り、大手企業との太いパイプを保有しています。
総合力では業界トップクラスを誇る転職エージェントです。

助手
助手
大手企業や優良企業を狙うエンジニアは絶対に登録することをお勧めします。